デートはテーブル席よりもカウンター席の方が一気に親密になれる!

カウンターでデートするカップルデート

デートでは食事が付き物です。

その際、テーブル席かカウンター席かどちらがいいのでしょう?

モテる男は必ずといってカウンター席を選びます。
女を落とせる確率が数倍もアップするからです。

この記事では、カウンター席デートとテーブル席デートについて徹底解説します。

テーブル席がデートに不向きな理由

モテる男はデートでカウンター席を好んで使います。

テーブル席では一気に親密になれないことを、経験上わかっているからです。

ではなぜ、テーブル席はデートに不向きなのか?

その理由についてお伝えします。

目のやり場に困る

テーブル席は、面接試験のように対面で座ります。

面接なら30分程度で終了しますが、デートの食事では1時間以上も目を見て話すことになります。

あなたは、女性の目を見続ける自信がありますか?

おそらく、無いはずです。

下手に視線を外したら、「私に(女性)興味無いの?」と思われても仕方がありません。

女性の目を見て話すことは基本中の基本です。
でも、基本ができて無い男が実に多い。

視線を外して会話したら「自信のない男」と思われてしまいます。

そう、テーブル席はこんな危険性があるんですね。

お互い距離感を感じる

心理学では、対面で座ると「敵対関係」になると言われています。

面接試験が良い例です。

男女の仲を深めるには、お互いの距離を縮めることが定石です。

テーブル席では距離感があり、短時間で親しくなりにくいです。

対面で座るので緊張する

テーブル席だと、食事を食べている様子がお互いに丸見えになり、緊張してしまいます。

緊張したら、せっかくの料理が上手く感じません。

女性も食べている姿を見られるので、かなり気を使うことになり、会話に集中できません。

その結果、その場の雰囲気も会話も盛り上がらず、気まずい思いをする羽目になりかねません。

大切なデートを終えても、二人の仲は何も進展しません。

次回のデートも無いかもしれません。

デートの席選びは、思った以上に重要な事です。

デートでカウンター席を選択するメリット

デートの目的は親密な仲になる事です。

仲良くなるには、カウンター席がおすすめです。

カウンター席デートのメリット
・脈ありかどうか見分けられる
・隣に座ることで親近感が生まれる
・さりげなくスキンシップができる
・食事をおすそ分けしやすい

など、テーブル席では得られない利点があります。

隣に座れば自然に話かけられます。
視線も、たまに横をむいて合わせるだけです。
距離感も近く親しく会話できます。

一つの料理を取り分けて食べる事も簡単にできます。

というか取り分けて食べ物を共有することは必須です。

男と女が仲良くなるには、共同作業が多ければ多いほど良いのです。

結婚式を挙げたカップルと結婚式をしないカップルでは、離婚率が倍くらい違うというデータがありますので覚えておいてください。

カウンター席の最大のメリットは、ボディタッチがしやすい事です。

肉体関係に持ち込むには、ボディタッチは避けて通れません。

この様に、カウンター席デートには多くの利点があります。

脈ありかどうか見分けることができる

人は他人から近付かれると不快に思う距離があります。
心理学では、これをパーソナルスペースと言います。

目には見えない心理的な縄張りのようなものです。

パーソナルスペースには個人差がありますが、応用できることがあります。

実は、カウンター席デートをすることによって、こちらに脈ありかどうか知ることができます。

カウンター席はテーブル席と違って、かなり至近距離で座ることになります。

すると、自然に近づける瞬間があります。

この時の女性の表情や仕草の反応で、脈ありかどうか見分けることができます。

近づいた時に、表情も変わらず(無反応)逃げる仕草がない場合は脈ありの可能性が高いです。

反対に、とたんに嫌な顔つきになったり、距離を広げたら脈ありの可能性は低いと思った方がいいでしょう。

さらに、足の向きで脈ありかどうか知ることができます。

足の向きが、あなたの方を向いていたら脈ありの可能性が大です。

足が男性の方を向いているということは、体全体が向いていることになります。

親しくなりたいと思うと、無意識に体や足の向きに出てくるわけです。

このように、カウンター席デートはテーブル席とは違い脈ありかどうかを見分けることが可能です。

テーブル席だと、初めから距離感があり脈ありなのか見分けがつきません。
足の向きも初めから、こちらを向いています。

この観点からも、カウンター席デートが最適です。

隣に座ることで親近感が生まれる

ずっと目を合わせて対面の女性と話すと緊張します。
緊張すると、女を落としずらくなります。

緊張していることが、相手の女性に伝わると口説く力が落ちてしまうからです。

そこで、物理的にも心理的にもハードルを下げる工夫をします。

それがカウンター席です。
目を合わさず話声だけに集中できます。

今まで、デートでテーブル席を選んでいた男性は、この際カウンター席デートにする事を強くおすすめします。

余談ですが、カウンター席と同等のものとして、L字型テーブルがあります。

L字型テーブルは、キャバクラや郊外のレストランなどで見かけます。

カンター席と同様に親しくなれる工夫がされた席ですので、見かけたら使って見てください。

なお、カウンター席での会話の盛り上げ方については、以下の記事を読んで見る事をおすすめします。

さりげなくスキンシップができる

隣に座っていれば、さりげなく自然にボディタッチができます。

例えば

偶然に肩や脚が触れ合ったりします。
会話の最中にジェスチャー的に肩に触れる事もできます。

相手の肩に手を置くと温もりが伝わり、親近感が生まれると言われています。

ただし、自然な流れでタッチすることが重要です。

いきなりタッチしたり、不自然にタッチしたら嫌悪感を持たれ「体目当てなの?」と不信感が生まれます。

スキンシップ(ボディタッチ)と聞くと、「いやらしい」「セクハラ」などとイメージされますが、親近感を生じさせるには自然で健全な行為です。

スキンシップに対して「触ってはいけない」と罪悪感を持つと、いつまでたっても二人の仲は進展しません。

心理的にも物理的にも近づかないと、その先にあるSEXに近づけません。

さりげなく自然な流れでスキンシップするには、カウンター席デートが最適です。

距離が近いので親密になれる

体の距離と心の距離は比例します。

体の距離が近いと「この男と親しいんだ」と女性の脳は錯覚します。

心理学では、女性の警戒心は横方向に対してゆるいと言われています。

つまり、横並びに座れるカウンター席の方が心理学的にも良いのです。

短時間で打ち解けられますので、カウンター席デートが良いわけです。

スマホの写真をみたり料理をシェアできる

横に座っていれば、イベントの写真や友人の画像をシェアできます。
テーブル席では、いちいち相手の席まで移動する必要があります。

美味しそうな料理を二人で取り分けしてシェアもできます。
インスタ映えする画像もゲットできSNSに投稿できます。

何気ないことが、会話を盛り上げて二人の仲を進展させます。

ホテルに誘いやすくなる

スキンシップがしやすいのはカウンター席です。

スキンシップをある程度すると、ホテルの誘いに応じる確率が格段にアップします。

なぜなら

ボディタッチされるとリラックスするからです。

例えば

マッサージをされた経験があると思います。
マッサージを受けると身も心も心地よくなりリラックスしますよね。

それは脳からホルモンが分泌されるからです。

猫や犬をなでた時にも同様で、ホルモンが出てリラックス状態になります。

この様に、ボディタッチはリラックス効果があります。
ホルモンが出ることで、心が落ち着き安心感が生じます。

心が安らげば、「もっと一緒にいたい」という気持ちになりがちです。

その結果、ホテルの誘いにも応じやすくなります。

カウンター席デートを成功させるには?

カウンター席デートを成功させるには、いくつかの注意ポイントがあります。

それをみていきます。

カウンター席を必ず予約する 

カウンター席がある店を選ぶには、少し洒落た店を選ぶことです。
店の雰囲気によって、デートの結果が左右されるからです。

サラリーマンや団体客の多い店は、騒がしくなりがちですので避けます。

ですから、居酒屋はNGです。

【カウンター席 洒落たレストラン 地名(デートする場所)】

で検索するとカウンター席デートの候補地がたくさん出てきます。

気に入った店を必ず予約することです。
予約なしでいきなり訪ねたら、カウンター席が満席だった場合に備えましょう。

初めての店の場合には、下見する事をおすすめします。
下準備すれば安心だからです。

それと、カウンター席の場合には、どうしても荷物や上着を置くスペースが無い店もありますので、確認することです。

荷物や上着を置くスペースが気になり、せっかくのカウンター席デートを台無しにしないためです。

いきなり個室のテーブル席にしない

いきなり個室のデートをすると、女性が警戒心が高くなり失敗します。

しかも、個室の場合には、対面式のテーブルがザラです。
周りが囲ってあるだけで、オープンのテーブル席と同じです。

これでは、親密になる以前に警戒されて不安な気持ちにさせてしまいます。

ある程度に親密になった段階で個室は利用すべきです。

いきなり個室デートは控えましょう。

口臭や洋服の防臭対策は万全に!

カウンター席デートは、かなりの至近距離です。
相手の吐息を感じるくらい近いです。

すると、あなたの匂いは即座に伝わります。
口から悪臭がすると、せっかくのカウンター席デートは失敗します。

洋服の匂いもそうです。

口臭や体臭の原因の多くは大腸からきています。

それを防ぐには、果物を食べる習慣です。
ミカンなどの柑橘系がおすすめです。

女性は匂いに敏感です。

女を落とす前に、匂いごときでつまずいたら、もったい無いですよね。

デート前には、きちんと風呂に入り、爪を切り清潔にすることです。
伸びた爪に黒いアカが付いていたら、もうそれだけで落第ですよ。

スキンシップのやりすぎに注意!

早く好きな女性と仲良くなりたいという気持ちが強すぎると、スキンシップのやりすぎになりがちです。

言うまでもなく、スキンシップのやりすぎは注意です。

カウンター席の座る位置は、男性は右、女性は左に座る

座る位置なんて、どうでもいい、重要なことでは無いと感じるはずです。

でも、座る位置によって、あなたの感情や女性心理に影響してきます。

人の心臓は左側にあります。
なので心臓側には、安心して信頼できる人間を置きたいという本能があります。

そう、男性は右側に座った方が本能的に落ち着くのです。

女性心理でも、男が利き腕の右手で敵を追い払い、左手で女性を守方が良いのです。

カウンター席デートでの座る位置は、男性が右で女性が左にすることは理にかなっているのです。

つまり、車を運転する時にハンドルは右側と同じ考えです。

回転寿司も9割が右回りです。
左まわりの店もありますが、右ききの人が多く寿司を取りやすいからです。

ちなみに、太陽も時計も右回りです。

それほど右側とは主導権を握れる位置です。

別に決まりやルールではありませんが、カウンター席では男性が右、女性は左と覚えておいてください。
主導権を握れる位置に座って、女性を口説くのがモテる男の極意です。

カウンター席デートでは、気配りを忘れない 

カウンター席は、どうしても会話に夢中になりがちです。

料理が出てきたら、取り分けてあげたり、飲み物の追加オーダーをしてあげる気配りが大切です。

何気ないことですが、「大事なされている」という気持ちを植え付けることができます。

カウンター席デートのまとめ

カウンター席デートのメリットは

・カウンター席デートなら緊張せずリラックスして会話できる。
・カウンター席なら短時間で打ち解けられ親密になれる。
・スキンシップがしやすく、ホテルに誘う事もしやすくなる。
・小洒落た店のカウンター席を予約する。
・カウンター席デートでの座る位置は、男が右、女は左に座る。
・デートではカウンター席が最適でおすすめ。

ぜひ参考にしてください。