社会人でも簡単にできる彼女の作り方のコツ!

恋人たち彼女の作り方

社会人になると仕事が優先となり、時間や出会いも少なくなりがちです。

彼女を作るには、出会いの場所や「きっかけ」を増やし、仲良くなるための会話をする事が必須です。

そこで今回は、社会人でも簡単にできる彼女の作り方のコツについて解説します。

社会人でも簡単にできる彼女の作り方

シンプルな事ですが、女性との出会いはリアルかネットだけです。

リアルな出会いでは社内恋愛がありますが、上手くいかないで失敗した時のリスクがあります。

上手くいかなかった彼女と同じ職場では、かなり苦痛な毎日になります。

では合コンや街コンはどうか?

出会うための選択肢としてはいいです。

でも、社会人になると忙しくて予定が合わない場合もあり、周りの友達が結婚してくると合コンや街コンの誘いは減ってきます。

出会いのきっかけを合コンだけに頼るのはリスクがある気がします。

それでは、習い事や趣味のサークルはどうでしょう?

彼女を作るための出会いの場としては無理があると思います。

なぜなら、目的は何かを身につけることであって交際相手を見つける場所ではないからです。

しかも、彼氏がいる女性もいるわけです。
そんな女性にアプローチしても時間のムダです。

さらに、婚活パーティーはどうでしょう?

メリットは、一度の参加でたくさんの女性と出会えます。
ですから、自分の好みの女性と出会うことも可能です。

多くの女性と出会えるというと良い事と思いがちですが、婚活パーティーでは一人の女性とじっくり向き合う時間が少ないのが現状です。

そのため、どうしても見た目が重要視されてしまいます。

しかも、指定された会場と日時に出向く必要があるため、忙しい社会人や面倒くさいと思う人にとっては難点に感じると思います。

このように色々な出会いの場所を試してみると、質の良い出会いが必要だと感じたはずです。

質の良い出会いとは、積極的に彼氏を探している女性がいる出会いの場所です。
しかも、忙しい社会人でも好みの女性が見つかる場所です。

別れてもすぐに彼女ができる男性は、出会いの質にこだわっています。

彼氏がいる女性と出会ったら、それは質の悪い出会いです。
なぜなら、交際相手を探していないので時間のムダになるだけです。

また、自分の好みに合わない女性の場合も質の悪い出会いです。
好みが合わないと、付き合ったとしても不仲になるのは分かりきったことです。

さらに、知人や友人の紹介による出会いも期待できません。

紹介者は仲を取り持った責任が生じるため、本気で紹介しようと思う人はわずかです。

インターネットでの彼女の作り方

社会人の悩みのタネは、自由に使える時間が少ない、出会いの場がない事だと思います。

質の良い出会いを増やそうと思ったら、リアルの世界よりもインターネットの方が彼女の作り方としては最適です。

インターネットというと悪いイメージを抱えている人もいます。

でも今では、ネットで彼女を作るというのは当たり前の選択肢として多くの男性から支持されています。

ネットでの出会いなら、たとえ忙しい社会人でも自分のペースで簡単に活動できます。

ネットの価値として見逃せないのは、莫大な好みの女性と出会える事です。

これがどういうことかと言うと、同じ趣味の女性がすぐに見つかるわけです。

身近な職場や学校などの自然な出会いの場で探そうとしたら、非常に低い確率です。

この点について気付いているかどうかで、自分の好みの女性と出会えるのです。

さらに、ネットで彼女を作るメリットは「会う前から」仲良くなれるという利点があります。

職場などのリアルな出会いでは、「たまたま」その場に一緒にいたから「社交辞令」で意味のない会話をしているに過ぎません。

ネットの場合は、「交際相手を見つける」という明確な目的で会話をしています。

だからこそ、口下手な男性や女性に慣れていない男性でも、会う前から仲良くなれる可能性が高くなるのです。

マッチングアプリで出会いを増やす

社会人が彼女を作るために出会いの数を増やすには、マッチングアプリが最適です。

僕のケースでは、わずか数時間で3人の女性と仲良くなり、後日に街で会うことができました。

初めからお互いに恋人を探す事が目的だから、無理なく自然に出会えてデートできます。

マッチングアプリには、このようにメリットが多いです。

ただ、初めてマッチングアプリを利用する場合、不安があると思います。

でも、ほとんどの運営会社は上場企業のグループ会社ですので安心です。

会員数も大手だと1千万人位いますので、フィーリングが合う女性との出会いを増やせます。

月の費用も3,000円から5,000円位です。

合コンだと1回ぽっきりで最低でも5,000円はかかるので、出会いを増やすにマッチングアプリの方がコスパ的にも優れています。

マッチングアプリをメインに彼女を作る行動をしたのですが、他にも街コンと言う彼女を作るための出会いの場所があります。

街コンとは簡単に言うと、人数がかなり多い合コンの事です。

合コンは多くても10人程度ですが、街コンは50人以上の規模です。

男女のフィーリングは、実際に会ってみないと分かりません。

合コンは参加人数がごくわずかで相性が合うかどうか不安な面があります。

それと、人気のある女性に集中して男性同士でバッティングする可能性が高いです。

街コンなら、たくさんの女性と出会えて彼女を作るための活動ができます。

コスパ的にはマッチングアプリより高くなりますが、実際に会って相性を確認したいなら参加する価値があります。

おすすめの街コンは街コンジャパンです。
こちらも上場会社が経営しているので安心です。

社会人の彼女の作り方として効率的なのは、マッチングアプリと街コンを両方使う事です。

後は彼女を作るための行動あるのみです。

しかし、ただ行動すればいいのかというと、そうではありません。

出会いがたくさんあったとしても女性と仲良くできなければ、付き合うこともできずに彼女を作れません。

社会人の場合、「出会いの場がないから彼女ができない」と思われがちですが、実は身近な場所で出会いはあるのです。

たとえば、取引先のなじみの女性社員や行きつけのレストランの可愛い女店員などの「あこがれ」の女性です。

課題は、あこがれの女性と「どうやって仲良くなるのか?」「どうやって口説けばいいのか?」です。

まず、この課題をクリアする必要があるわけです。

まずは女性と仲良くなるコツを知る

あなたにとって本当に必要なのは、出会いよりも女性と仲良くできるスキルなのでは?

どうやって「きっかけ」をつかむか?より、どうしたら仲良くなれるのか?にシフトした方が出会いの質と量が劇的に好転します。

出会いの場がないから彼女ができないとは、表面的な理由です。

出会った女性と仲良くなれないから、彼女ができない事が問題の本質です。

だからこそ、女性を引き寄せる会話を身につける必要性があります。

女性に好印象を与えて惚れさすのも振られるのも会話で左右されます。
会話によって好き嫌いの感情が生まれるわけです。

それほど言葉とは、女性の心に影響を与えます。

でも、女性と何を話したら親しい仲になれるのか分からない。

という男性のために、社会人が彼女を作るための簡単な会話の仕方をこれからレクチャーします。

会話と言っても、巧みな会話術を身につける必要はありません。

女性の本能を刺激する会話をするだけで良いんです。

どういう事かというと、女性は、「話を聞いて欲しい、共感して欲しい、認めて欲しい」という本能を強く持っています。

この女性本能を刺激する会話をすることによって、出会った女性とすぐに仲良くなれ、社会人でも簡単に彼女を作る事ができます。

彼女を作るには、女性が楽しいと思う会話をする

会話で楽しいと感じる時はどんな状況のときでしょう?

そう、自分の事を話している時ですよね。

女性に好かれようとして、つまらない男と思われたくなくて、自分の話ばかりすると聞き手の女性は「笑わない、反応が薄い、質問がない」という悪い状況になります。

これでは女性が楽しい会話と思えません。

人は自分の事を話したいという本能があります。
この本能を刺激すればいいだけです。

つまり、自分が話の主人公になるから、女性は「楽しくない・つまらない」と思うわけです。

だったら、女性を会話の主人公にすればいいのです。
自分が話すことより女性の話を引き出す事にシフトすればいいのです。

どうやって引き出すのかというと、女性感情に焦点を当てた受け答えをするのです。

たとえば、話を聞いている時の反応を良くします。

人に話しかけた時、誰だって相手の反応を気にします。
期待した通りに反応が良ければ、誰だって楽しい気持ちになります。

他にも、女性は会話に共感される事を本能で求めます。

実は女性の会話の目的は、自分の話題に共感して欲しくて話しています。

もっと厳密に言うと、「うれしさ・悲しみ・辛さ」などの感情に共感して欲しいのです。

「それは楽しかったね」とか「辛く悲しい思いをしたね」と理解される事で女心が満たされるのです。

女は何事も感情で動く習性があるのです。

その結果、こういう男と一緒にいたら、毎日が幸せで楽しいだろうなと思えるのです。

さらに、女性の価値観を絶対に否定しない事です。

自分の価値観を押し付けたり否定したら、女性との関係がとたんに悪化するのは当然のことです。

人は他人から認められたいという本能的な欲求があります。

その欲求を満たすためには、たとえ女性が間違った考えを発言したとしても、いったんは価値観を全て受け入れるべきです。

女性が楽しいと思う会話をするには、女性が求める欲求を満たすのが何よりのコツです。

これらの本能的な欲求が満たされた時に、女性は会話をして楽しいと思い一緒にいたくなるのです。

女性の話を親身になって最後まで聞く

女性の話を最後まで聞ける男性は、なかなかいません。

女性の話の途中で割り込み、自分の話にすり替えてしまうのです。

ではなぜ、女性の話をさえぎってしまうのでしょう?

男性は結論をすぐに求めてしまう習性があるからです。

会話を先回りして「つまり、〇〇と言うことだよね」と結論を急いで話をまとめたいのです。

この時の女性心理は、「まだ話が終わってないのに、なぜ口をはさむの」と不快な感情になっています。

もうこの時点で女性は話す意欲が失くなり会話は途絶えます。

こんな事をしていては、彼女を作る事が難しくなるばかりです。

女性は話を親身になって最後まで聞いて欲しいという強い欲求があります。

それは、自分の気持ちをわかって欲しいからです。
わかってもらって、スッキリとしたいからです。

見方を変えると、女性の気持ちをわかってあげる事で「また話したい・また会いたい」気持ちにさせる事ができるわけです。

社会人の男性が彼女を作るには、「女性の話を親身になって最後まで聞く」という事が会話の重要なポイントです。

親身になって聞く事で、女性の会話内容も覚える事ができます。

その覚えた話の内容を別の機会に持ち出す事で「私の話した事を覚えていてくれたんだ」と嬉しくて楽しい気分にさせることも可能です。

女性の会話に共感する

女性の会話の目的は、自分の話に共感してもらう事です。

あなたが女性と何を話せばいいか解らない原因は会話の目的を決めてないからです。

たとえば、道を尋ねるくらいだったら街を歩く見ず知らずの女性に、声をかける事が出来るはずです。

話しかける目的が明確だから、話し手も尋ねられた女性も自然に会話が成立するのです。

好みの女性と会話する時も同じです。

女性の会話の目的が共感を求めているなら、シンプルに「そうだよね」と共感すればいいだけです。

話題をすり替えたり、自分の話をするから会話が成立しなくなるのです。

ちょっと解りずらいと思われるので、具体例で説明します。

まずは悪い例です。
カッコの中の文章は女性の感じている気持ちです。

女性:「会社に通うのが辛くなったの」
(話を聞いて欲しいの)
あなた:「どうしたの?」

女性:「だって給料も安いし人間関係に疲れたの」
落ち込んでいるので、なぐさめて欲しいの

あなた:「う〜ん、仕事辞めたら生活に困るし頑張って乗り切ったら?」
そんな事聞いていないの。今は私の話をしているのよ

女性:「もう5年頑張ったから充分よ」
とにかく話を聞いてよ

あなた:「何か嫌なことから逃げているような気がする」
まずは私の話に共感してよ

女性:「嫌なことから逃げる事が悪いの?」
この人は何もわかっていないわ

あなた:「そうじゃなく、君のためを思ってアドバイスしているんだよ」
アドバイス何か求めていないのに

女性:「もういいわ、話したくない」
これ以上話してもムダだわ

この例はよくある典型的な悪い共感の仕方です。

女性の会話の目的は、あなたに共感して欲しいからです。
今の自分の気持ちを受け入れて欲しいだけです。

ですから、アドバイスは求めていません。

あなたに共感されない場合には、話す気力を失くして会話を中断してしまうのです。

これでは、また会いたいという感情になりません。
その結果、付き合うことも出来なくなり彼女を作る事ができません。

では、どのように共感したら良いのかについて見ていきます。

・良い共感の事例 (カッコ内の文章は女性の気持ちを表しています)

女性:「会社に通うのが辛くなったの」
話を聞いて欲しいの

あなた:「会社に行きたくない気分なの?」
そう、そんな気持ちなの!

女性:「だって給料も安いし人間関係に疲れたの」
落ち込んでいるので、なぐさめて欲しいの

あなた:「辛い思いをしたね。自分ではどうしようと思っているの?」
気持ちをわかってくれて嬉しい

女性:「だから今の状況を変えたいの!」
理解してくれたから、もっと話そう

あなた:「前向きに考えているんだね!」

女性:「そうなの、話てみてよかった」
話しやすいし、気持ちも解ってくれる。また会いたいな♪

これが女性から共感を得られる話し方の例です。

共感する事は恋愛に限らず、社会人として役に立つスキルです。

まずは、女性の話をしっかり聞いて共感する事です。

共感するだけで女性の反応がガラリと変わり、女性との関係がかなり良くなります。

それだけ女性の話に共感する男が少ないのです。
女性に好かれようとして自己アピールする男ばかりなんです。

そんな男ばかりで女性は嫌気がさしているんです。

彼女を作りたいのなら、女性の話に共感する事は非常に重要な事と認識してください。

女性が言われて嬉しいほめ言葉を使う

女性に対して「可愛いね・綺麗ですね」と、ほめると一応は嬉しそうな笑顔になります。

でも、可愛い子であればある程「あ〜、またか」と内心ではガッカリしています。

ほめられることに慣れすぎているからです。

外見をほめるばかりでは、「この男は外見だけで人を判断している」と女性から思われてしまいます。

これでは男としての価値を下げてしまいます。

女性が言われて嬉しい本当のほめ言葉は、内面の良さをほめられた瞬間です。

社会人にとって自覚すべきことは、女性の外見にこだわることより内面の良さに着目することだと思います。

女性は綺麗になるために、髪や肌の手入れやダイエットなど密かに努力しています。

その努力している点について褒めるのです。

たとえば、「髪がきれいだけど、手入れに気を使っているんでしょうね」と褒めるのです。

密かに努力している内面の部分を褒められた女性は、かなり嬉しく楽しい気分になるはずです。

他にも、性格や思いやりなどの内面を褒めます。

たとえば、

「君のように気遣いできる女性は素晴らしいよ!」
「思いやりが素敵だね。それって性格に表れているよ!」
「頭の回転が早く興味深い考え方をするね!」

このように外見を褒めるよりも、内面を褒めた方が嬉しさが倍増します。

あるアンケートによると、内面を褒められた女性の7割ほどが恋に落ちたというデータもあります。

出会った女性を褒める時は、目には見えない部分に焦点を当てて褒めることです。

それが言われて嬉しい褒め言葉であり、社会人の彼女の作り方です。

会話は慣れよりも話す心構え

女慣れしていないと、どうしても会話がぎこちなくなる場面が多くなるはずです。

気まずい雰囲気が頻繁に起こってしまったら、「この人とは合わない」と女性に誤解される事も考えられます。

そんな時の解決策として、「自分が感じている事を話す」ことです。

たとえば、「オレ緊張しているので、話がギクシャクじゃない?」と言いにくい事を正直に言ってしまうのです。

気まずいと感じたら気まずいと本音を言ってしまうのです。

そうする事で、その場の空気が和みやすくなります。

会話がぎこちなくなるのは、自分の感情を隠そうとするからです。

感情を隠そうとすればする程、ぎこちない会話になるのです。

人は自分が感じている事を話すときは、自信をもって堂々と話せます。

気まずくなったら、素直な今の感情を話す事です。
だからと言って、女性を傷つける発言はもちろんNGです。

会話については慣れることよりも話す心構えこそ大切です。

彼女を作るためのデートの誘い方とリードの仕方

彼女を作るには、女性とデートする必要があることは当然です。

課題は、どうやってデートに誘うのかです。

断りにくいデートの誘い方をするには、

① 安心安全なデート場所を選ぶ
② 女性の好物を知った上で誘う

初デートは、これにつきます。

気軽に応じられる安心安全なデート場所とは、昼間のしゃれたカフェやレストランです。

昼のランチデートなら、1時間から2時間程度の短時間で済みます。
費用も2人で3千円位で済みます。

初めて会う女性心理も、「昼の短時間だったら安心できるわ」と心理的負担が軽くなり、気軽にデートに応じてくれます。

ただし、行きつけの大衆居酒屋のランチやファミレスのランチはNGです。

その理由は、「あなたの女性としての価値はこの程度ですよ」と言っている事になるからです。

私って、その程度の価値の女なの?」と思われてしまいます。

こうなったら、初デートが台無しです。
2回目のデートに応じてくれない場合は、彼女を作る事が困難になるわけです。

だからと言って、いきなり高級レストランや夜デートでは女性がプレッシャーを感じ気軽に応じられません。

「ホテルに誘われたら困る」「もしかして遊ばれるかも?」と真っ先に考えるからです。

またデートのOKをもらいやすくするには、女性の好物を事前に知り安心安全なデート場所にします。

これが社会人が彼女を作るための基本的なデートの誘い方です。

すぐに会いたいと言わない

知り合ったばかりでお互いを知らない段階で、「近いうちに会いたい」と言ってしまったら、軽い男とか遊び目的と誤解されるリスクが高くなります。

インターネットでの出会いでは、すぐに会いたがる男性ばかりです。
会いたいオーラがプンプンしていたら下心を強く感じさせてしまいます。

だからこそ、あえて一歩引いたアプローチをする事でライバルに圧倒的な差をつけて女性の信頼が得られます。

たとえば、女性の趣味が旅行だったら

「実は僕も旅行に興味があります」
「〇〇さんは、旅行はどんな場所に行くのが好みですか?」
「まずはお互いの事を話せたらいいなと思っています」
「それでは、よければお返事ください」

このような連絡が来たら、「あっ、この人は信頼できそう」と思い高確率で返信がきます。

みなさん、お互いの事を知った上でデートに誘うという大原則を忘れて本能のままに行動するから連絡すら来ないのです。

デートに誘う目安は、ある程度お互いの事を知った段階で会う約束をします。

さらに誘い方のコツは、会ってみようと思った理由(動機)を伝えるとOKがもらいやすくなります。

デートに誘う理由を明確にして誘う

女性がデートに誘われた場合、会う積もりがあったとしても、男性がデートに誘う理由が分からないと不安な気持ちになりがちです。

それは「何で食事デートする必要があるの?」とデートの目的が明確でないからです。

人は、納得できる理由があれば、目的をとげるために行動できます。

そこで、デートに誘う理由を明確に伝えます。

たとえば、

「何度かやり取りさせて頂いて、〇〇さんとは話が合いそうです。良かったら一度お会いしてみませんか?」

「実際にお会いしてみないと分からない事も多いからです。」

この例ですと、「〇〇さんとは話が合いそうです」と「実際にお会いしてみないと分からない事も多いからです。」がデートに誘うための理由です。

この理由ならデートの誘いを断る理由がないはずです。

「会ってみないと分からない」とは、誰もが納得できる理由です。
実際に話が合っているなら、「会ってみてもいいかな」と感じます。

初対面の印象を良くする

女性との出会いは最初が肝心です。
第一印象は表情や話し方で左右されます。

初対面だと緊張して表情が固くなりがちですが、笑わないと女性を最も警戒させます。

また、視線をはずして会話したり伏し目がちだと、女性は「自信のない男」と感じます。

初対面の印象をアップさせるには、「今日は、来てくれてありがとう」と笑顔と同時に女性の目をしっかりと見つめながら感謝の気持ちを伝えます。

これをする事で第一印象がかなり良くなり、女性はリラックスしてゆきます。

デートを楽しい気持ちにさせるには、まずは女性の気持ちをリラックスさせる事が前提です。

リラックスさせることこそ、安心感を持ってもらえるコツです。

緊張させてしまうとリラックスできずに、楽しいはずのデートも楽しめません。

ですから、初デートでは大きな要望を口にしないことです。

たとえば、「今日は一日じゅう楽しもう!」と発言したら、「えっ、そんなに長い時間はムリ」と女性は身構えてゆきます。

印象良く楽しませるには、「今日は時間の許す限り楽しもう!」とか「ここの料理は美味しいから遠慮なく食べてね!」と小さな要望を話して女性をリードします。

このように第一印象さえ良ければ、その日のデートも盛り上がり、「また会いたい」と思わせる事が可能です。

「また会いたい」気持ちさえ持たせれば、彼女を作るのも簡単にできるわけです。

デートで会話を盛り上げるコツ

たとえば、こんな経験ありませんか?

女性から「趣味はなんですか?」と聞かれたら「釣りです」と素直に答えた。
でも、女性からは何のリアクションがなく、シラーッとした気まずい雰囲気に。

質問した女性が、釣りに関して知らなかったので会話が続かなくなった。
これが原因です。

こんな場面で会話を盛り上げるには、どうしたらいいでしょう?

答えは簡単です。

「趣味はなんですか?」と女性から聞かれたら「釣りです。あなたは?」と応答すればいいのです。

シンプルに「あなたは?」と聞き返せばいいんです。
すると自然に会話は盛り上がります。

会話が盛り上がらず、無言の気まずい時間が生まれる理由は、一方通行の会話をしているからです。

ありがちなパターンとして、「お仕事忙しいのですか?」と女性から質問されて「えっ、まあまあです。」と気のない受け答えも一方通行の会話です。

「まあまあかな」とか「別に」などと返事をすると、「この人は仕事に対して真剣に向き合ってないんだ」と思われて、会話が途絶えるばかりか魅力的に映りません。

女性の質問の真意は、男性の考え方や性格を知りたいのです。

ですから、「失敗もあるけど、やりがいを感じています。」と返す事で”対面通行”になるわけです。

恋愛は一方通行や逆走では決して実りません。

彼女を作りたいなら、まずは自分の内面を素直に開示する事です。
趣味や仕事を聞かれたら、考え方や思い入れをさらけだす事です。

そうする事で、あなたの人柄が自然に伝わり好感度が上がります。

そのためには、自分から先に「さらけ出す」事です。
すると、女性も本音で話そうという気持ちになるのです。

そうなると、一方通行の会話にならず会話が自然に弾みます。

これがデートでの会話を盛り上げる根本的なコツです。

別れても「すぐに彼女ができる人」の考え方

好きな女性と別れても、すぐに彼女ができる男の考え方は、失敗しても学習したと前向きに考えている事です。

失敗を恐れて行動しないと、「すればよかった」と後悔するハメになります。

社会人の場合、仕事があるために彼女を作るための行動がどうしてもおろそかになっていると思います。

でも、本当の失敗は何もしないで後悔する事です。

すぐに彼女ができる男は想像以上の女性に振られています。

振られたという失敗を反省して学習したから、女性と別れても「すぐに彼女ができる」のです。

この考え方が基本になりますが、他にも恋愛は先に「好きになったら負け」という原則を守っています。

恋愛は先に「好きになったら負け」

恋愛は好きにさせた方が勝ち(惚れられる)という事です。

すぐに彼女ができない人は、「好きになった→だから口説こう」という思考になりがちです。

つまり、女を落とせないことに悩み、好きになってしまうことに無防備なのです。

恋愛とは、女性より精神的に優位な立場にならないと、たいてい上手く行きません。

女性は、自分より精神的なレベルの低い男を恋愛対象外とみなします。

女性と別れても、すぐに彼女ができる男は、女を落とす時に魅力的な女だと感じてはいますが、女性を好きだとは思っていません。

モテる男は先に女を惚れさせた後から、好きになってゆくのです。

ですから、根本的な行動が違います。
女性の感情を揺さぶることだけに専念します。

彼女ができない男は、先に好きになってしまい逆に心を揺さぶられてしまいます。

たとえば、「LINEの返信が来ない・・・もしかして嫌われたのかな」と見事に心を揺らされるのです。

心を揺らされると、好きな女性に嫌われたくないと考えて女性に媚(こ)びる行動をしがちです。

嫌われたくないと考えた時点で、女性を好きになってしまったことに気づいてください。

自分から先に女性を好きになったら負けなんです。

先に好きになった段階で女性の方が精神的に優位な立場になり、自分が心を揺らされる立場になったのが失敗の原因です。

好きになってからでは、すでに後手にまわっています。
女性を先に惚れさす事が社会人が彼女を作るコツです。

一人の女に執着しない

すぐに彼女ができない人は、今好きになった一人だけの女性に執着します。

執着すると余裕がなくなり男としての価値が下がり、ますます彼女ができない状態になります。

特に社会人の場合には出会いの場がない、もしくは極端に少ないのが実情です。

すると、どうしても出会った女性ひとりにこだわってしまいがちです。

その結果、早く決着を付けようとして焦った行動をするようになります。

たとえば、知り合った女性があなたに対して興味を持たない段階で、「好きです」と好意を示したら、ほとんどの場合は「ごめんなさい」と女性は引いていきます。

ここでさらに、女性を追いかけてしまうと男としての立場が下がってしまいます。

先に好きになったら負けだからです。

別れてもすぐに彼女ができる人は、一人の女に執着しません。
むしろ複数の女性と同時進行で彼女を作ります。

仮に一人の女性に振られても、「それじゃ、別の女性に行こう」と考えているのです。

だから、そこに男としての余裕が生まれます。
この余裕ある態度が女性を魅了するのです。

もしあなたが、一人の女に執着して今まで失敗してきたのなら、複数の女性と出会い全部の女性と同時に連絡を取る事をお勧めします。

そのくらいの気持ちでいると、社会人でも簡単に彼女が作れます。