女性の感情を動かす方法!感情を揺さぶり惚れさす極意

感情を揺さぶるモテる男

女性の感情を動かすと、どんな変化が起こるでしょう?

片思いの女性が、あなたに振り向きます。
友達の間柄が恋人の関係に発展します。
好きな女性をデートに誘って、すんなりOKされます。
今まで「男としてみてもらえない」がトクベツな男になれます。

メリットだらけでやればやるほど見返りがいっぱいあります。

それほど女性の感情を動かすことは絶大な効果があるのです。

では一体どうやって女性の恋愛感情を動かすのでしょう?

今回は、女性の感情をグラグラと揺り動かす方法について見ていきます。

これを知ることで、あなたは特別なことをせず好きな女性から追われる立場の男になれます。

感情が動かされる時を知る

あなたは、何かをずっと一日中考えてしまうのはどんな時ですか?

ここでじっくりと思い出してみてください。

思い出しましたか?

そう、それは不安や心配事がある時ですよね。

例えば、あなたに借金があると仮定します。

明日が、その返済日ですが返す金がありません。
その為、借金のことで頭の中は不安で一杯です。
金を返すことで一日中、考えてしまいます。

つまり、これが感情が動かされている状態です。
人は、不安や心配事があるとものすごく感情が揺さぶられます。

この心理状態を意中の女性に応用したらどうなりますか?

好きな女性に対して不安にさせたり心配させたりして、あなたの事を考えさせるように仕向けたら・・・

「何で私はあの男のことばかり考えているのかな?」
「もしかして、好きなのかも?」

と、女性の恋愛感情を動かすことができます。

恋愛では、相手のことを考える時間が増えれば増えるほど好きという感情に変化しやすくなります。

多くの場合、モテない男たちは、好きになった女性の事を考えてばかりいます。
そう、自分自身が完全に感情を動かされているのです。

こんな状態では、好きな女性を口説くことは無理ですよね。

だから、女性に「いい人」と呼ばれ、いつまでもセックスにたどりつけないんです。

「失うかもしれない」と思わせる男が女性の感情を動かせる

あなたは、下記の内で何番が一番「欲しくて欲しくてたまらない」と思いますか?

1 すでに手に入れている物

2 手に入れられそうな物

3 手に入れるのが難しそうな物

4 今あるものを失う事

一番にいらないものは、すでに手に入れているものですよね。

例えば、

可愛いね。
好きだよ。

と女性に言えば言うほど、女性からみれば、すでに手に入った男です。
いわゆる、「あなたっていい人ね!」と言われるタイプの男です。

これでは、退屈な状態で一ミリも女性感情が揺さぶられません。

つまり、女性に好意を示してはいけないということです。

では一番に欲しいものは何でしょう?

そう今あるものを失う事 です。

例えば、

あなたの愛車が盗まれそうになったら、何が何でも取り返そうとしますよね。
それは一旦手に入れた物を失う恐怖です。

今あるものを失う状態は「欲しい」を通り越して、「失う恐怖」にかわります。

つまり、人の感情が一番に動く状態は、今あるものを失うことです。

この心理を好きな女性に対して応用します。

女性の感情を動かすには「他の男たちと同じ行動をしない」

これまでのあなたは、「女性に合わせる」という考え方をしていたと思います。

好きな女性に対しては、嫌われないように何でもいう事を聞いて好かれようとしてきたと思います。

でもそれでは、あなたの男としてのレベルを下げていて意中の女性の感情を揺り動かすことができない事実に気がついていますか?

女性の感情を揺り動かすためには、あなたの男としてのレベルを上げる必要があります。

女性は自分よりレベルの低い男には興味を持ちません。

ここでこんな質問が来ると思います。

それじゃ、レベルって何なの?

レベルとはお金があるとか、イケメンとか、身長が高いとかではありません。

他の男よりちょっと違う

と女性に思われば勝ちということです。

つまり、他の男たちと同じ行動をしない事を指します。

他の男たちは、美人をほめます。
あなたは、基本的に女性をほめません。

他の男たちは、女性を追います。
あなたは、好きな女性を追いません。

ヘタレ男は好きな女性に媚(こ)びます。
あなたは、意中の女性に媚びません。

モテない男は、一人の好きな女性に執着します。
でも、あなたは一人の女性に執着しません。

すると変化が訪れます。

「この男は他の男とは違う」
「こんな男は今まで出会えなかった」
「今手に入れなければ、失うかもしれない」

と、あなたを欲しくて欲しくてたまらない心理状態です。

これは、キャバクラでも、会社の受付嬢でも、社内の女子社員でもすべての女性に共通する事実です。

好きな女性に媚びたり追いかけたり執着したら、手に入った男に成り下がってしまい、女性は何が何でも欲しいと思いません。

というか、興味のないどこにでもいる「ありふれた男」の扱いでポイと捨てられます。

突然に女性からLINEやメールが来なくなる理由はここです。

「この男を失うかもしれない」と感じさせる事が女性の感情を揺り動かすんです。
揺さぶることで好きという感情を芽生えさせられるんです。

では、女性の感情を揺さぶるにはどうしたらいいかを具体的に次のステップで話します。

好きな女性の感情を動かして惚れさす方法

まずメールやLINEです。

あなたはこんなことしていませんよね?

・好きな女性のメールや LINEに対していつも返信が早い。
・内容の無いメールや LINE(日常のことや自分が今何しているか)
・とにかく長い文章で内容が重い。
・仕事ができる男と思われたくて仕事の自慢話をする。
・いかに自分が相手の女性を好きかと伝えようとしている。
・LINEやメールで告白

これって、「ウザ」ですよね。

心当たりがある人は、今すぐやめてください。

メールやLINEを送るときに心がけることは、「気合が入った」内容にしないことです。

気合が入る=重たくなる

ということです。

重たい内容など既読スルーされ返事も当然きませんよね。
ここでも言えることは、女性の恋愛感情が揺さぶられていないということ。

文章は短くして要件を伝える程度でいいんです。

メールやLINEに重点を置かないことです。

メールやLINEの返信はすぐに返さない

「あれ?1時間過ぎても返信が来ないな?」
「一体どうしたの?」

と好きな女性を不安にさせるくらいで丁度いいんです。

返信を遅らせれば遅らせるほど、焦らせば焦らすほど

「他に好きな女性でもいるのかしら?」

と女性の恋愛感情を不安にさせ動かすことが可能です。

この心理状態にさせる事を女性は本能的に身につけています。
女性からの返信がすぐに来ないのはこの理由です。

女性のメールやLINEをシカトする

意中の女性から「おやすみ」「じゃあね」と来たらあなたはどうしますか?

「おやすみ」「じゃあね」など、女性に安心されるメールはしないことです。

女性は「おやすみ」が返ってくると思ってるのに返ってこない。
いつ返ってくるかなと、気になって待ってしまいませんか?

待てども返信が来なかったら、かなり不安な精神状態です。

「何か気に触る事を言ったかしら?」
「それとも忙しいのだろうか?」
「もしかして、嫌われたかも?

あなたの事を、ついつい考えてしまいます。
考える時間が増える度に、あなたを欲しいという好意に変化します。

実はこれ、ヘタレ男の感情と一緒です。
好きな女性からの返信が来ない。

「いったい、どうしたのだろう?」

いつしか、その女性のことばかり考えて思いつめてしまう。
完全に感情が動かされた状態です。

だから、好きな女性の感情を動かすには、「おやすみ」の返事をせず必ず女性のメールで終わらせる。

そう、ここで「失うかもしれない」と感じさせる男を演出します。
あなたのすることは、「おやすみ」の返信しないことだけ。

たったこれだけのことで、女性にとって、あなたに会いたいならば、デートに誘ってもすんなり抵抗なくOKされます。

それでも会えないとなると、男としてみていない可能性が高いです。

デートで会えた時は、ニコニコと嬉しそうな顔はしません。

「会いたかったよ」という態度や言葉を言ったら手に入った男になり奈落の底に落ちてしまいます。

「世の中には女はいくらでもいるんだ。 オレは別にあんたじゃなくていいんだよ」といったスタンスで接するのです。

他の男達と、同じことをやっていては、死ぬまで「いい人」です。

いい人とは、どうでもいい男ということです。

シカトされたら気になってどうしようもなく女性感情は揺さぶられ動きます。

シカトは効果が絶大です。ぜひ試してみてください。

他の男がやって無いほめ方をする

「本当に可愛いね、モテるでしょう?」

とほめたら、女性になめられて、どうでもいい男に成り下がってしまいます。
永遠にセックスできません。

基本的な考え方ですが、モテたければ他の男がやっていない真逆の事をやる。

真逆のほめ方をすることで女性の感情を動かすことができます。

多くのヘタレ男は女性の外見だけをほめます。

可愛いいね。
綺麗だね。
スタイルがいいね。

と見た目をほめます。

これを聞かされた女性は、「またか〜」と感じ感情は一ミリも揺さぶられません。

揺さぶられないから、あなたに惚れることは金輪際ありません。

実は女性は、見えない部分をほめて欲しいのです。

・努力
「地味なタイプだけど、いつも頑張っているね!」

・気遣い
「君のように気遣いできる女性は格好いいよ!」

・家族
「家族を大切にしているね。それって性格に表れているよ!」

・頭
「素晴らしい見方だね。頭の回転が早いね!」

こんな風にほめる男性は皆無です。

ていうか、女性ですらこんなほめ方をされていないはずです。

ということはライバルがいないことになります。

あなたは、他の男たちより、かなり有利になれるわけです。

他の男とは違うという考えから、目には見えない他の男たちがほめない部分をほめることです。

では他の男たちは、どんなタイミングで女性をほめているのか?

可愛いね。
綺麗だね

これでは、女性が「来るぞ、ほめられるぞ」と予想してしまいます。

これでは、女性の感情を揺さぶれません。

女性が予想しないタイミングでほめるのがいいんです。

例えば

女性が動揺して焦った時

「鼻の穴膨らましていたけど、焦った顔も可愛いいね!」

上司に怒られている時

「怒られることって、それだけ期待されていること。でも泣きそうな顔も素敵だよ!」

他の男たちがほめないタイミングでほめると効果的です。
女性の感情がグラグラと揺り動きます。

好きな女性が困っている時は、あなたにとって絶好のほめるチャンスです。

好きな女性が困っている時にほめる男はまず100%いません。

たったこれだけのことで、あなたは「今までの男と違うトクベツな男」として特別待遇されます。

女性の感情を揺さぶるには「99%のヘタレの逆」の事をするクセをつけてください。

男友達をほめる事で女性の恋愛感情を動かす

女性は「男の友情が好き」なので、男友達をほめると、好きな女性があなたに虜になります。

「あいつ、すげーいいやつなんだ!」

お目当の女性は、よだれを垂らして聞き入ります。

男友達をほめることで、周り回ってあなたも男友達から褒められます。

あなたがトイレに行っている間に褒めてくれるんです。

すると、

「この男は友達から尊敬されているんだ」

という流れになります。

人を好きになることは尊敬から始まります。

いつしか、お目当の女性は男友達の発言に洗脳されて、あなたを尊敬し始めます。
そう、恋愛感情が揺さぶられている状態です。

ここまでくれば、後は時間が解決してくれます。

デートに誘っても、すんなりOKです。

グチを言わせ女性の感情を動かす

新入社員が仲良くなるダントツのきっかけはなんだか分かりますか?

そう、上司の悪口です。

「あの係長マジで細かいよな。いつもネチネチと口うるさいよな!」

と、新入社員たちは上司の悪口を共通の話題にして盛り上がり共感して仲良くなっています。

共通の敵があると人はすごく仲良くなれるんです。

これをお目当の女性に応用します。

女性のグチを引き出して悪口を言わせるんです。

「最近、イラッとしたことある?」
「どうしてイラッとしたの?」
「それは辛いよね」

という流れで意中の女性から敵を引き出して「その気持ち分かるよ」と共感すると好きな女性は、あなたを信頼してきます。

恐ろしいことに不平不満を引き出すと、好きな女性はあなたの言いなりになります。

「ついグチをこぼしたけど、誰かに言いふらされたらどうしよう」

と恐怖心を感じて、メチャクチャ女性の感情が動き、あなたに依存してきます。

悪口を言わせて「辛かったね」と共感すると覚えてください。

女性の感情を揺さぶる会話の具体的な事例

会話は話上手よりも聞き上手がいいと言われています。

ここで注意する事は、熱心に聞き過ぎない事です。

デート中に女性の話に合わせすぎると、自分の話が出来ないまま終わってしまいます。

それでは女性の心に何も印象が残らず、単なる「いい人」にみなされるからです。
「いい人」では女性の恋愛感情を揺さぶる会話ができません。

「いい人」にならないためには、質問上手になる事です。

熱心に質問すれば、「興味がある」ことを間接的に伝えることが出来ます。

例えば、女性に対して「趣味は何ですか?」と質問します。

女性の答えが「ヨガです」という返事なら、あなたはどんな受け答えをしますか?

「俺は体が硬くて柔らかく無いからヨガはチョット・・・」とネガティブな返事では会話がはずまず、女性の感情を揺さぶることが出来ません。

というか、この返事では会話が続きません。
気まずい沈黙の時間が生じてしまいます。

女性の恋愛感情を揺さぶる会話をするには、「俺もヨガやってみたいな」と趣味を一緒に楽しむ「ポジティブな返事」をすることです。

すると、「よかったら一緒にヨガをやってみる?」と女性から誘ってもらえる可能性も生まれてきます。

さらに、「何がきっかけでヨガ始めたの?」とか「ヨガをやっていて一番楽しい事は?」など、女性の気持ちを聞きます。

また、「ヨガのことよく知らないけれど、ヨガをしている場面を見てみたいな!」と聞くのもいいでしょう。

人は自分の話を聞いてくれる人に好意を感じます。

女性の気持ちを聞く姿勢を示す事で、「理解してくれそうな男」と恋愛感情を揺さぶることができるわけです。

感情を動かす会話をするにはリアクションが大事!

会話で良い反応を示されると、「話を真剣に聞いてくれている」「もっと話したい」
と感情が動きます。

では、どんなリアクションをすれば良いのでしょう?

ここに心理学で実証された、人の感情を動かす相槌(あいづち)の仕方があります。

それは、「さしすせそ」です。

感情を揺さぶるリアクション
さ=さすがだね!最高だね!
し=知らなかった
す=すごい!素晴らしい!
せ=センス良いね!
そ=そうなんだ!

このリアクションをされたら、思わず嬉しくなり「この男はとても感じが良い」と恋愛感情を動かす事ができるわけです。

「さすがだね」と言われたら自分が認められたようで嬉しく感じます。

「知らなかった」と言えば、「今度教えて」とさりげなく次のデートを約束できます。

このように、会話の「さしすせそ」は応用できます。

ただ、注意することがあります。
それは、多用しないことです。

多用しすぎると、気持ちがこもっていない「薄っぺらな」リアクションになってしまうからです。

女性の感情を揺さぶるには、本心から思った時だけ使うべきです。