上手なホテルの誘い方!彼女をスマートにホテルに誘う方法

ホテルの画像ホテルの誘い方

付き合いたての彼女を初めてホテルに誘いたい。

でも、下手にホテルに誘って断られたら気まずくなる。

断られない上手なホテルの誘い方はないだろうか?

そこで、この記事では彼女をスマートにホテルに誘う方法についてお伝えします。

ホテルに誘うための下準備からデートの流れ、上手な誘い方、ホテルOKサインなど全てのプロセスを具体的にレクチャーします。

  1. 彼女をスマートにホテルに誘う方法
    1. ホテルに誘うには彼女が抱く不安を取り除く
    2. 彼女が言い訳できる誘い方をする
    3. 近い将来の話をして安心させる
    4. 誘う時は堂々とホテルに誘う
    5. ストレートに誘う言葉は使わない
    6. 心のブレーキを外す上手なホテルに誘う言葉
      1. ステップ1「門限が近いからママに叱られる?」と冗談ぽく聞く
      2. ステップ2「俺、ママに怒られるのイヤだよ!〜」とさらに「からかう」
  2. 安心できる良い雰囲気を作り「その気」にさせる
    1. 横並びに座れるカウンター席デートにする
    2. 内面を褒めて良い気分にさせる
    3. フラストレーションを発散させて共感する
    4. 愛情が伝わるとOKがもらえる
    5. 下心を感じさせないボディタッチをする
      1. ステップ1:自然に距離が近くなる状態にする
      2. ステップ2:口実を作り触れられる事に抵抗をなくす
      3. ステップ3:彼女の反応を見る
    6. 食事の時に、ほろ酔いにさせる
    7. 最終的にはキスまで持っていく
    8. ホテルに誘うタイミングは店内で!
  3. 下準備でホテルに誘える成功率は決まる
    1. ホテルに誘うことをデート前に匂わせておく
    2. ホテルをあらかじめ下調べしておく
  4. ホテルOKサインを見極めて誘う
    1. カンタンな質問でOKサインを知る
    2. ホテルOKサイン1:体を寄せてくる
    3. ホテルOKサイン2:間接キスで接近してきた
    4. ホテルOKサイン3:時間があるとアピールしてきた
    5. ホテルOKサイン4:終電を気にしていない
    6. ホテルOKサイン5:隙(すき)を見せている
  5. ホテルの誘いを断られた後の対処法
  6. ホテルに誘うことを止める勇気も必要

彼女をスマートにホテルに誘う方法

付き合うことができて、めでたく彼女となった。
男と女が付き合えば、いずれ体の関係になるのは時間の問題です。

ここでよくあるパターンは、3回目のデートだからホテルに誘っても大丈夫だろうと思い込むケースです。

ホテルに誘うタイミングは、デート回数ではありません。
2人の関係性によって誘うタイミングは違ってきます。

たとえば、付き合いたての彼女が、初めてホテルに誘われた時に思う事はどんな事でしょうか?

「付き合ったばかりで、すぐにOKしたら軽い女と思われる」
「やるだけやって、やり逃げされたらどうしよう」
「今日は勝負パンツじゃない。ムダ毛の処理もしてない」
「明日の朝、早くに仕事があるから今日はムリ!」
「今は女の子の日だから無理!」

という不安に思う要素があります。

「軽い女と思われたくない、遊びじゃイヤ」という不安と「急に誘われても準備ができていないからタイミングが悪い」という心の壁ができてしまうのです。

付き合う前の女性をホテルに誘う場合でも、

「まだ知り合ったばかりだから」
「付き合っていないから」
「もしかして体目当て?」

という、かなり高い心の壁が存在します。

彼女をホテルに誘う場合や、付き合う前の女性をホテルに誘う時にも、この心の壁を取り除かないとホテルに誘っても断られる確率が高くなるわけです。

つまり、「軽い女と思われたくない」「遊ばれたくない」「今日はタイミングが悪い」という女性心理を理解しないホテルの誘い方は、下手な誘い方になってしまうのです。

彼女が抱える心の壁を取り除くことこそ、スマートなホテルの誘い方です。

その心の壁を取り除く方法について、詳しく解説します。

ホテルに誘うには彼女が抱く不安を取り除く

女性はデート中に、あなたの仕草や言葉をつぶさに観察しています。

「付き合うことになったけど、本当に信頼できる男なのか?」
「自分の気持ちを解ってくれる男なのか?」
「私を大事にしてくれる男なのか?」

という事を冷静に見ています。

これらの期待に応えることができない場合に、女性は心の壁を作るのです。

でも、期待に応えることができると心の壁を取り除いて、その気になるのです。

軽い女と思われたくない心の壁をクリアするには
・彼女が言い訳できる誘い方をする
・安心感のある良い雰囲気を作り、その気にさせる
・内面を褒めて共感して心のきずなを深める
「やり逃げされる」という不安を解消するには
・近い将来の話をして安心させる
・愛情が伝わるとOKがもらえる
・下心を感じさせない誘い方をする
「タイミングが合わない」を解消するには
・デート前にホテルに誘う事を匂わしておく
・次の日の予定をあらかじめ把握しておく

などをデート前やデート中にすることで、ホテルの誘いをOKされる率が格段にアップします。

では、それぞれのハードルをクリアする方法について詳しく見ていきます。

彼女が言い訳できる誘い方をする

女性は、「軽い女じゃない」と自分のプライドを保つ本能があります。

特に付き合う前の女性をホテルに誘った場合に強く思われる感情です。

ホテルに行くことを許可したという事実を作りたくないのです。

たとえば、ホテルの誘い文句で「ホテル行こ」とか「H」というストレートな単語を使ってはいけません。

このホテルに誘う言葉でOKしたら、軽い女と自ら認めた事につながるからです。

つまり、ストレートな誘い文句では女性のプライドを傷つけてしまい失敗することになるわけです。

一方で、誘う口実を意図的に作り出して、彼女が「〇〇だから仕方がない」と自分を納得するための言い訳があったらプライドが保てます。

カンタンに言うと、「私はセックスしたくてホテルに行くのではない。好きな男だからついて行った」と言う自分に言い訳できる口実があればいいのです。

人は自分自身にウソをついて心のバランスを保とうとする習性があります。
そうしないと、自分を嫌いになってしまうからです。

だからこそ、彼女をホテルに誘うには納得できる言い訳が絶対に必要です。

たとえば、以下のような言い訳です。

女性が納得できる言い訳の事例
・記念日や良い事があった日に誘われたから
・雰囲気が盛り上がり断り切れなくなったから
・お酒に酔っていい感じになったから
・終電を逃してしまったから
・この先も私を大事にしてくれそうだから
・好きと言われたから体を許した

具体的なホテルに誘う言葉は、

具体的なホテルに誘う言葉
・静かなところでゆっくり話そうよ
・2人きりになれる場所に行こうよ
・今日はもっと一緒に過ごしたい
・そろそろ次にステップに行こうよ

このように、彼女自身が「ゆっくり話したかったから、もっと一緒にいたいから」と言い訳ができる誘い方にする事で成功率が高くなります。

ホテルに誘う言葉ひとつで結果は180度ガラリと変わるわけです。

近い将来の話をして安心させる

付き合いたての彼女が、ホテルに行くことをためらう原因の一つは「遊ばれるのでは?」という不安な気持ちです。

「やり逃げ・やり捨て・体目当て」を警戒しているわけです。

そこで、不安な気持ちを解消するために、近い将来の話題をします。

たとえば、「今度、〇〇に行こうよ」とか「来週あたりに親友を紹介するよ」などと先々の予定を話すのです。

つまり、「先々のことまで考えて遊びじゃないんだよ」と遠回しに伝える事で彼女を安心させているのです。

誘う時は堂々とホテルに誘う

たとえば、「この後、ホテ・・・いや何でもない」とか「もしイヤじゃなかったらなんだけど」など、恥ずかしそうに誘ったら、女性に幻滅されてしまいます。

さらに、「ホテルに行きたい」とガツガツした誘い方では、女性にその気があったとしても気持ちが冷めてしまいます。

下心を感じて「やり捨てされるかも」と不安な気持ちになるためです。

女性にも、「今日は誘われてもいいかな」と思える日があります。

でも、恥ずかしそうな誘い方やガッツいた誘い方では、頼りなさを感じて誘いを断ってしまいます。

ストレートに誘う言葉は使わない

女性は、「軽い女」と思われるのを一番に嫌います。

だから、「ホテルに行こうよ」「Hしたい」とストレートな誘い方では、ほぼ確実に断られます。

「ホテルに行こうよ」という誘い方は、イエスかノーかと決断を迫るダメな誘い方です。

これでは、女性自身が言い訳ができません。

付き合いたての彼女をスマートにホテルに誘うには、言い訳ができる誘い方をします。

心のブレーキを外す上手なホテルに誘う言葉

実は、高い確率で成功したホテルの誘い文句が有ります。

それは、「お子ちゃま扱い」したホテルの誘い文句です。

「えっ、お子ちゃま扱いしたら、逆にホテルに誘えないのでは?」と思うかも知れません。

でも、大丈夫です。

人間心理を応用した結果が出ている誘い文句です。

この誘い文句をステップを踏んで話ます。

ステップ1「門限が近いからママに叱られる?」と冗談ぽく聞く

すると、たいがいの女性は

「門限なんてないわよ。子供じゃないんだから(笑)」

と答えてきます。

まずは子供じゃないからと言わせます。

ステップ2「俺、ママに怒られるのイヤだよ!〜」とさらに「からかう」

またしても、

「だから子供じゃないってばー(笑)」

と女性に2回言わせる。

なんで「子供あつかい」するのか?

それはホテルの誘いに逆らえない様にするため。

人は、言ってしまったら引くに引けなくなる習性が有ります。

例えば

「その仕事を絶対に終わらせます」
「約束の日は必ず守ります」
「明日の待ち合わせ時間は10時ね!」

などと、断言したらもう後には引けません。
発言と行動を一致させようとします。

行動しなかったらウソつきになります。

心理学ではこれを一貫性の法則と言います。

この法則を女性心理に応用したのが、上記のホテルに誘う言葉です。

「子供じゃない」と断言したら、もう引くことができません。
ウソつき人間のレッテルを貼られたくないので、ホテルの誘いを断るすべがないんです。

人を動かすには、何かを発言させる事です。

自分が言った事を守らないと、自分にウソをつく事ななるので自分が嫌になります。

そんな思いをしたくないので、人は発言と行動を一致させようとします。

安心できる良い雰囲気を作り「その気」にさせる

男性は、女性のセクシーな顔やスタイルに刺激されてその気になりがちです。

しかし、女性は、興奮とか刺激ではなく安心感でその気になります。

たとえば、彼女の身体的な外見の特徴だけを褒める事は、性的な目で見られていると思われてしまいます。

これでは、下心を感じて安心できません。

一方で、内面を褒められたら性的な匂いを感じないので、安心して嬉しい気持ちになり性欲のスイッチがオンになります。

安心感を与えることが、彼女をその気にさせるコツです。

安心できる雰囲気を作り、「これじゃ断れない」と言い訳の余地を与えてあげるのです。

彼女が安心できる雰囲気を作るには
・カンター席デートにする
・内面を褒めて、2人のきずなを深める
・フラストレーションを発散させて共感する 
・誠実に向き合うことで愛情が伝わりOKをもらえる
・下心を感じさせないスキンシップをする
・食事の時に、ほろ酔いにさせる

それぞれについて、詳しく見ていきます。

横並びに座れるカウンター席デートにする

デートの雰囲気を盛り上げるには、店選びが重要です。
特に明るさが場の雰囲気を左右します。

心理学でも、薄暗い場所ほどムードが高まり親密になれると言われています。

チェーン店は、ほとんど明るい照明が多いです。
また、安っぽいデートになり特別感を演出できません。

ですから、デートには不向きです。

デートは薄暗いムードがある店を選ぶ事で、ホテルに誘える成功率が高くなります。

付き合いたての彼女をホテルに誘うには、横並びのカウンター席もしくはL字席でデートします。

カウンター席かL字席なら、接近して会話できボディタッチできます。

横に座っていれば、スマホの画像も手軽に共有できます。
料理も手軽に「おすそわけ」できます。

心理的距離を縮めるには、肉体的な距離を縮めることが近道だからです。

内面を褒めて良い気分にさせる

気分良くさせるには、褒めることが一番に効果的です。

でも、「可愛いね、きれいだね」では性的な目で見られていると誤解される場合もあります。

そこで、彼女の内面の良いところを褒めます。

女性は、服装や美容などお金をかけて努力しています。
努力している部分を褒められたら幸福感で満たされます。

例えば、「気づかいができる女性は素敵だね」と努力している面を褒めるのです。

多くの女性は多少なりとも気づかいしているので、そこを褒めるのです。

他にも、「〇〇ちゃんて料理が得意そうなイメージだね!」とか「(努力した事を知って)頑張り屋さんだね!」と内面を褒める事です。

内面を褒める事は、一人の人間としての価値を認めることにつながります。

彼女を良い気分にさせることも出来て、デートの雰囲気も最大限に盛り上がります。

当たり前ですが、ホテルに誘うにはムードを盛り上げる事は鉄則です。

フラストレーションを発散させて共感する

なぜ、フラストレーションを発散させるのか?

人は他人に言えないことを抱えています。
不安や不満、悲しみ怒りなどの抑えている感情です。

これらの感情を受け入れて共感されたら、かなり心地良い気持ちになります。

たとえば、上司の悪口を言い合って急激に仲良くなった経験があるはずです。

それは共通の敵、共通の痛みを感じたから親密になれたのです。

これを女性に応用するとしたら、不平不満を聞き出して共感することです。

「最近、ムッとした事ある?」「なぜムッとしたの?」「それはひどいね」

という流れで彼女の敵を聞き出し、「解るよ」と言ってあげれば「この人は私の事を理解してくれた」と感激して心の距離が急激に縮まります。

彼女を初めてホテルに誘う時に一番に効果があるのは「共感して理解していることを伝える」ことです。

人は誰かに理解して欲しくて、共感されたくて自分のことを喋るのです。

その気持ちに応じたら、ものすごく強いきずなを感じて、あなたに依存します。

ですから、自分がしゃべるのではなく、彼女にしゃべらすというスタイルは忘れないでください。

ただ、フラストレーションを聞き出すためには、質問の仕方が重要です。

「あなたの不満はなんですか?」と、あいまいな質問では曖昧(あいまい)な返事が来てしまいます。

ですから、具体的に質問します。

あなた:「最近、ムカついたことある?」
彼女:「あんまりないわ」

こんな風に最初は否定されるので、

あなた:「その中で一番にムカついたことは?」
彼女:「一番に?うーん、実は・・・」

こんな感じてフラストレーションを引き出して「その気もち解るよ」と肯定して気持ちを軽くしてあげます。

あなたがやる事は、シンプルに同意して共感するだけです。

ですが、多くの男性はここで無用なアドバイスをしてしまいます。

アドバイスして道を正す必要はありません。
「どうしらいいのか?」なんて決めているからです。

誰かに話したくて、誰かに「わかるよ」「その通りだよ」と言ってもらいたいだけです。

彼女の話に共感すると、「私のことを理解してくれた特別な人」と思われるのでホテルの誘いに対して、ほぼ確実にOKをもらえます。

愛情が伝わるとOKがもらえる

好きな女性に、体目当てと思われたくない。
男性なら誰でもそう思います。

でも、言葉で「体目当てじゃない」と言っても説得力がありません。

やはり、誠実に振る舞うことで「体目当てじゃない」という気持ちが伝わります。

具体的には、

愛情を「何気ない」言動で伝えるには
・家族や友達に紹介する
・誕生日にお祝いする
・プライベートの話をする
・将来の話を積極的にする
・時間や努力を惜しまない

これらの言動をすることで、「遊びじゃないんだよ」という大切にする気持ちが伝わり、ホテルに誘うための心の壁を取り除くことができます。

たとえば、「家族や友人に紹介したい」と話すことで本気度が伝わります。

彼女の誕生日を聞いて「その時はお祝いするね」と約束すれば誠実さが伝わります。

さらに、将来の話題を積極的に話すことで、彼女は安心した気持ちになれます。

もし遊び目的だったら、自分のプライベートな話題や家族友人を紹介しないはずです。

大切な事は、彼女のために時間や努力をおしまない事です。

もし彼女から、会いたいと言われたら、「忙しいけど、君のために時間を作った」と発言して誠意を伝える事です。

時間や努力をおしまない姿勢は、プレゼントをするよりも愛情が伝わります。

愛情が伝われば、ホテルに誘ったとしても「すんなり」OKされる確率が高くなります。

下心を感じさせないボディタッチをする

下ネタなどの言葉だけで女性の性欲スイッチをオンにする事は、ほぼ不可能です。

ボディタッチこそ彼女をホテルに誘うために必要な行為です。

でも、手も繋いでいないのに、いきなりホテルに誘ったら当然断られます。

しかも、女性は警戒心が強いので、男性の下心を感じると一気に冷めてしまいます。

付き合いたての彼女が、あなたに対して好意があったとしても、体目当てにベタベタと触るボディタッチでは心のシャッターを閉じてしまいます。

また、太ももやお尻、胸を触ったら、完全に引かれてしまいます。

だからこそ、下心を感じさせないボディタッチをするには段階を踏みます。

少しずつ段階を踏むことで、心理的な抵抗感がなくなるのです。

まず、ボディタッチする場合の注意点として

ボディタッチするときの注意点
1:心理的に抵抗感がない肩や背中をタッチする
(太もも・腰・お尻・胸は決してタッチしない)
2:ベタベタとタッチしないでドライに一瞬だけタッチする
3:一瞬だけのタッチを何度も繰り返す
(下心を感じさせないボディタッチになる)

これがボディタッチするときの大前提です。

では、実際にどのようなステップでボディタッチするのか?について見ていきます。

ステップ1:自然に距離が近くなる状態にする

まずは、手を繋ぐことからです。

待ち合わせ場所で、「じゃあ行こっか!」と言いながら手を出すと、とても自然なつなぎ方になります。

初めて手をつなぐ場合はドキドキすると思います。

でも、最初に手をつなげれば、後はいつでも、1日中ずっと手をつないでデートすることが出来ます。

もし、彼女が手をつなぐ行為に迷っていたら当たり前の顔をして、「つないだ方がリラックスできるよ!」と手を差し出してください。

手をつなぐという行為はセックスの前段階なので、ある程度長い時間つないでおいた方 がいいです。

女性にセックスを意識させ密着感を高めるためです。

次に食事する場所です。

下心を感じさせないで自然にボディタッチするには、カウンター席デートにします。

カウンター席なら肩や足元が触れ合ったとしても、自然な成り行きです。
携帯の写真などを見るときにも、顔が自然に近づきます。

このように、自然に距離が近づいてしまう状況にする事で下心を感じさせないボディタッチができます。

ステップ2:口実を作り触れられる事に抵抗をなくす

心理学では、手のひらを相手に見せる事で心の距離が縮まると言われています。

それを自然な形で実現するには、カウンター席デートで会話が盛り上がったときに「ハイタッチ」をします。

ハイタッチとは、スポーツなどで互いの手のひらを頭ほどの高さで叩き合う行為です。

これを会話が弾んだときに、一瞬だけ何度も繰り返す事で、触られる事に抵抗がなくなっていきます。

あくまで一瞬のタッチで、ベタベタと長くタッチしてはいけません。

一瞬のタッチを何度も繰り返すことで、触られることに抵抗感がなくなるのです。

話が盛り上がったという心理的な口実があるので、付き合いたての彼女も素直に応じてくれます。

さらに、女性が面白い事やボケたときに突っ込みを入れるために、肩や背中当たりを軽くタッチします。

あくまで、ドライに一瞬だけ軽くタッチします。

突っ込みだから下心を感じさせず、肩や背中なら抵抗感もないので自然なボデタッチができます。

ステップ3:彼女の反応を見る

いずれにせよ、ボディタッチしたら女性の反応をチェックします。

付き合いたての彼女からお返しのタッチがあった場合は、かなり心を許している状態です。

また、嬉しそうな表情や口数が増えていた場合も、心が開いている証拠です。

ですから、さらにボディタッチの回数を増やしてもOKです。

でも、お返しのタッチがない場合や暗い表情をしていたら、「キモイ」と思われてしまいます。

目安として2回ほどタッチして彼女の反応を観察します。

暗い表情だったり、カウンター席なのに距離を開けられたら、ボディタッチは中止します。

ここで忘れていけない事は、本能のままにボディタッチする事ではありません。

雰囲気させ盛り上がれば、ホテルで彼女の体をじっくりと味わえるのです。

だから、会話で楽しい時間を作る事に集中して、好感度をアップすることが大切です。

食事の時に、ほろ酔いにさせる

酒に酔って楽しそうにしている女性を見ると、なんとなく親近感を感じた経験があると思います。

これは、酒を飲むことで相手に対する評価が甘くなり魅力的に見えるからです。

ホテルに誘うためには、酒の力で雰囲気を盛り上げるのも方法の一つです。

でも、飲ませすぎると女性の警戒心が強くなり逆効果です

そこで、食事デートの流れで1〜2杯だけ勧めてほろ酔い状態にさせます。

ほろ酔い状態だと、男性との会話も楽しく感じます。

楽しいと感じると、「これって好きだからかな」と女性は愛情を感じて、ホテルの誘いに応じてくれます。

注意する事は、初めから酒を飲むことをメインにして会わない事。

あくまで食事のついでに1〜2杯のアルコールでほろ酔いにさせるから、良い雰囲気が作れるのです。

そもそも、酒は女性を酔わせるための道具ではありません。

酔わせてしまったら、介抱する事になりホテルに誘うことも出来なくなってしまいます。

「お酒の勢いでホテルに行ってしまった」と女性が納得できる言い訳を与えるために酒の力を使うのです。

さらに、自分だけ彼女だけ酒を飲まないこと。

なぜなら一体感がなくなり心の距離が開いてしまうからです。

最終的にはキスまで持っていく

女性にとって唇を許す行為はSEXをしても良いということ。

キスさえできれば、特別なホテルに誘う言葉は必要ありません。
無言でホテルに誘えます。

では、実際にどうするのか?

キスするには、人の少ない夜景スポットや夜の公園に行きます。

キスするには、1にムード2にタイミングだからです。

ポイントは「暗い場所」「高い場所」のふたつ。

カップルが集まる夜景スポットや公園に行くと、周りの目を気にすることなく抱きついたりキスをしています。

観覧車も同じ様にキスをするカップルであふれています。

そう、キスをしないと不自然なのです。

女性がキスをしたくなかったら、初めからムードのある場所に行く事を避けようとします。

ムードのある場所についてきたら、それは「キスされるかも」と心の準備ができているわけです。

キスのタイミングを作るには、彼女を見つめてみる。

キスを受け入れる時は、彼女が目を閉じます。
万が一、キスするのが嫌だったら顔を背けたり笑ったりします。

もちろん、彼女が目を閉じた時がキスのタイミングです。

キスの成功率を高めるには、正面から迫らないで横方向から迫ること。
なぜなら、正面から迫ると圧迫感を感じるからです。

キスさえできれば、スマートにホテルに無言でついてきます。

ホテルに誘うタイミングは店内で!

彼女をホテルに誘うタイミングは、もう少しで店を出ようとする時に、「じゃ、行こう」とホテルに誘います。

今まで、彼女のフラストレーションを聞き出して共感したり、何気ない言葉で愛情を伝えたり、ボディタッチも受け入れています。

言葉や体で充分なコミュニケーションをとり、2人の絆はかなり深まっています。

つまり、ホテルに誘いたい気持ちは、言葉にしなくとも彼女に充分に伝わっているわけです。

いまさら改めてホテルに誘う言葉を言ったら、逆に彼女が白けてしまいます。

店を出てから誘うと、彼女は帰宅モードになってしまいます。

シンプルに「じゃ、行こう」と店内で誘うことがベストなホテルに誘うタイミングです。

店を出てからは、手を差し出して手を繋ぎます。

もし、彼女が手を強く握り返してきたら、ほぼ確実に「抱かれても良いサイン」を出しているわけです。

下準備でホテルに誘える成功率は決まる

いきなりデート当日になってホテルに誘っても、下着や無駄毛の処理、生理など彼女側の準備が整っていなければ、OKをもらえる確率が極端に下がります。

ですから、あらかじめホテルに誘うことをLINEなどで匂わしておきます。

また、ラブホテルやシティホテルの場所や移動時間も下調べをすることでスマートにホテルに誘えます。

デート当日になってホテルを調べる時間などないはずです。

この場合も、あらかじめ下調べして準備しておきます。

ホテルに誘うことをデート前に匂わせておく

彼女をホテルに誘った時、やむを得ない理由でホテルの誘いを断られることも考えられます。

たとえば、可愛い下着じゃない、ムダ毛の処理をしていない、実は今日は生理など、やむを得ない理由で断られるリスクもあります。

そこで、前もってホテルに誘うことを匂わしておきます。

前もって匂わせておけば、彼女に心や体の準備をする時間を与えることができます。

だからと言って、「今度のデートの後にホテルに行こうよ」とストレートに誘ったら渋られてしまいます。

彼女は「何でいきなりホテルに誘うの?」「何でこのタイミングでホテルに誘うの?」と思ってしまいます。

そこに納得できる理由がないからです。

そこで、お泊まりデートを提案します。

ですが、いきなりお泊まりデートを提案したら、彼女が引いてしまうのでは?と思うかも知れません。

でも大丈夫です。

たとえば、「来月は〇〇ちゃんの誕生日だね。記念に旅行に行こうよ」と誘ったら「えっ、誕生日をお祝いしたくて誘ってくれたんだ。それじゃ断れない」という女性心理になります。

これが納得できる理由になります。

女性は記念する日にこだわり、決して忘れたりはしません。
何らかの形でお祝いしたいと思っています。

その気持ちを尊重してお泊まりデートに誘っているのです。

つまり、記念日という「もっともらしい」理由があると、自然でスマートなホテルの誘い方になるわけです。

ただ、誕生日やクリスマスなど大きなイベントは年に一回しかありません。
彼女をホテルに誘うために、一年間も待っていられません。

そこで、短期の記念日を見つけます。

たとえば、「来月は付き合ってからちょうど2ヶ月になるね、その記念日に旅行に行こうよ!」と、記念日という言葉を前面に出してホテルに誘います。

記念日以外にも納得させる理由は見つかります。

たとえば

・温泉に行って癒されたい
・今しか見れないイベントや場所がある
・暑いから寒いから北海道や沖縄に行こう
・美味しいもので有名な場所だから行こう

これらは誰もが思う満たしたい欲望です。

その欲望を刺激して誘うのです。
あえて泊まる必要がある遠い場所に!

温泉が好きな女性は、かなり多いです。
みんな疲れをいやしたいと思っています。
しかも、遠い場所は泊まることが当たり前です。

なので、お泊まりデートに誘ってもOKをもらえる可能性は高いです。

記念日や納得できる理由があったなら、彼女はもう断ることができません。

すでに付き合っている間柄ですし、付き合っているからこそ、いずれ男女の関係になるのは分かり切っているからです。

このように前もってホテルに行くことを匂わせておくと、心の準備をさせることができます。

洋服や下着を選んだり、ムダ毛を処理したり、生理の時期を外したりして準備を始めます。

お泊まりデートは、まだ先の予定ですが準備をさせておけば、普段のデート時にホテルに誘ってもOKをもらえる確率がかなり高くなるわけです。

ホテルをあらかじめ下調べしておく

ホテルに誘う時の注意点は、ホテルの場所と道順、満室の場合の対応方法です。

ホテルの場所を事前に把握しておかないと、迷う原因になります。
しかも、食事する店となるべく近い場所が理想的です。

移動する時間がありすぎると、彼女が白けてしまうリスクがあるからです。

歩いて行ける距離なら良いのですが、スマートにホテルに誘いたいのなら、タクシーでの移動をおすすめします。

スムーズな移動は鉄則です。

一番にネックな事は、満室の場合にどう対処するかです。

ラブホテルの場合、週末や夜の時間帯によっては満室のリスクが高いことです。

満席で次のホテルを探している間に、彼女が白けてしまい最終的にセックスできなくて解散となったら元も子もありません。

そこで、予約ができるラブホテルを選びます。

予約ができるラブホを検索できるサイト
「カップルズ」「ハッピーホテル」
いずれも全国対応で探すことが可能です。

予約さえすれば安心です。
できれば下見しておくと、余裕をもってホテルに誘うことができます。

ラブホテルに誘うことを前提にお話しましたが、スマートにホテルに誘いたい場合は、シティホテルが最適です。

なぜなら、ラブホテルは「いかにも感」があり嫌う女性がかなり多いからです。
中には、ラブホだけは絶対にイヤという女性もいます。

シティホテルならクオリティーもあり女性も安心できます。

料金は高くつきますが、最初の一回だけ利用するつもりなら、ホテルに誘いやすくなります。

ホテルOKサインを見極めて誘う

女性は、「今夜は抱かれても良い」と思った時にホテルOKサインを何気ない素振りでアピールしています。

そのホテルOKサインを見極めた上でホテルに誘うことで、成功率がかなりアップします。

では、具体的なホテルOKサインを見ていきます。

カンタンな質問でOKサインを知る

もし、ホテルOKサインがなくても「彼女にその気があるのかどうか?」を確かめる質問方法があります。

例えば、

あなた:「明日は早いの?」と彼女や付き合う前の女性に尋ねます。
女性:「うん、大丈夫だよ、早くないよ」

あなた:「もしかして、明日は休み?」
女性:「うん、明日は休み!」

あなた:「それじゃ夜遅くなっても大丈夫だよね?」
女性:「えっ、どこに行くの?」

あなた:「にぎやかなカラオケと静かに飲める場所、どちらを選ぶ?」

こんな感じで2人の心理的な距離感を確認します。

ここでは3回にわたり「その気があるかどうか?」確認する質問をしています。

「明日は早いの?」の質問に対して、「早くない」という返事なら

まだ一緒にいたいという気持ちです。

反対に、「明日は早い」と言う答えなら「早く帰りたい」という気持ちです。
ホテルに誘っても、断りを受ける確率が高くなります。

「明日は休み?」の質問に対して「うん、休みだよ」という返事なら

明日は時間がありヒマかも知れない事が推測できます。

ヒマかどうかは、間接的に探りを入れるだけで知る事ができるわけです。
ホテルに誘える確率がアップします。

反対に、「明日は仕事だよ」「休みだけど用事があるの!」という返事なら、ホテルに誘っても、断りを受ける確率が高くなります。

ここでは、女性の休みの日を事前に知っておく事が大切です。
知っておくと本当に休みなのか、ウソかどうか判断できるからです。

そして「にぎやかなカラオケと静かに飲める場所、どちらを選ぶ?」の返答が静かに飲める場所なら、

口説かれても平気、もっと一緒にいたいという気持ち

を知る事ができます。

女性は言葉に敏感な生き物なので、「静かな場所」と連想しただけで「もしかしてホテルに誘われるかも?」と察知します。

それを知りながら、「静かな場所」を選んだ理由は、もっと一緒にいたいからです。

「もっと一緒にいたい」という感情を確認できれば、「今夜はずっと一緒にいたい」と「ありきたりの誘い文句」でホテルに誘っても応じてくれます。

「もっと一緒にいたい」という気持ちがなければ、彼女でも付き合う前の女性でも普通に断りを受けます。

何回もデートしても、素晴らしい誘い文句を使ってもホテルの誘いを当然に拒否されます。

何気ない女性の答えに、本音の気持ちがあるのです。

ホテルOKサイン1:体を寄せてくる

デート中に、あなたの肩や手、膝などに何気なく触れて来る仕草は好意がある証拠です。

中でも、頭をあなたに預けて傾かせてきたら惚れている証です。

人は、信頼できる好意のある人間にだけ大事な頭部をゆだねるからです。

これは、ホテルOKのサインです。

ホテルOKサイン2:間接キスで接近してきた

あなたが食べている料理や飲み物を「味見させて」「一口飲んでいい?」と、彼女から言われたらドキッとするはずです。

口をつける位置も気にせず飲食していたら、間接キスになるからです。

すでにキスをした仲なら、お互いに特別な感情を持ちません。
しかし、まだキスもしていない仲なら、OKのサインと言えます。

女性はキスにこだわりを持っています。

キスがOKならホテルに誘っても大丈です。

「一口ちょうだい」「一口飲ませて?」と彼女から言われたら、ホテルOKサインと言えます。

これを確かめるには、「僕も味見したい」「僕にも一口飲ませて!」と言えば彼女の本当の気持ちが分かります。

彼女が嫌がるそぶりをしなければ、もう完全ホテルOKサインです。

ホテルOKサイン3:時間があるとアピールしてきた

たとえば、「明日は休みなんだ」とか「今夜はもう少し一緒にいたい」などと、時間に余裕があることを、彼女がアピールしてきたケースです。

時間がある=まだ一緒にいたい=抱かれても良い

という図式が成り立つわけです。

ホテルOKサイン4:終電を気にしていない

終電の時刻を気にすると、時計や携帯で何度も確認するのが普通です。

23時30分を過ぎても終電の時間を気にしない、帰る素振りがないのは「もっと一緒にいたい」気持ちが少なからずあるからです。

ホテルに誘ってOKをもらえる典型的なホテルOKサインです。

ホテルOKサイン5:隙(すき)を見せている

隙を見せているとは、「酔っちゃった」「眠くなってきちゃった」など自分の弱さを彼女が言ってきたケースです。

自分の弱さを口にする心理は、心を許している証です。

その気が無い付き合う前の女性や彼女が「酔っちゃった」「眠くなってきちゃった」なんて言いません。

しかも、聞いてもいないのに言ってくるのは、男性がホテルに誘いやすい様にOKサインを出しているのです。

他にも、「何か良いことないかな」とか「男の人って誘う時にどうするの?」などと、思わせぶりな発言も隙を見せて抱かれても良い、と思っている可能性が高いです。

ホテルの誘いを断られた後の対処法

ホテルに入る直前になって断られるパターンには2通りあります。

「無理ムリ無理!、絶対に帰るから」と完全に拒否されるケースでは、しつこく迫っても好感度が下がり2度と会えなくなり縁が切れる可能性がかなり高くなります。

あきらめて帰宅するべきです。

「やっぱりイヤ」とか無言になって動かない場合は、迷っているケースです。
ハグしてあげて、「大丈夫だよ」と手をつなぐと黙ってついてくる事もあります。

いずれにせよ、彼女をホテルに誘い断られたら気まずくなります。

気まずくなると、「あ、そうだよね、ごめん。」と謝罪しがちです。

断られただけでも気まずいのに、謝ってしまうと一層気まずくなります。

謝まってしまったら、あなたが悪いことをしたことになります。

ホテルに誘うことは悪いことですか?

男と女が2人きりでデートしたら、その先にSEXがある事ぐらい中学生でも分かっています。

ホテルの誘いを断られても絶対に謝らないことです。

彼女が気にしていることは、断った後の「あなたの態度」です。

もし、オドオドとしたみっともない姿をさらしたり、言い訳をすればするほど下心を感じさせて彼女は一瞬で幻滅するでしょう。

女性は男性の最大の弱点を知っています。
なんだと思いますか?

それはSEXです。

SEXしたいという気持ちがどうしても全面に出てしまうから、オドオドとした態度になるのです。

それは男の価値を下げる行為です。

男と女が夜の営みをするのは当たり前のこと。
たまたまタイミングが合わなかったから断られた。

そう考えれば、たとえホテルの誘いを断られても堂々とした態度でいられます。

それから、一番によくない対処法は、気まずさを解消しようとして「ホテルに行こうと言ったのは冗談だよ」と、絶対に発言しないこと。

「冗談だよ」と発言したら彼女を侮辱(ぶじょく)する事になるからです。

気まずくならないようにするには、ホテルの誘いを断られても堂々とした態度でいることです。

それには、あっさりと引いて帰宅することです。

あっさり撤退することが、性欲に執着しない姿勢になり男としての価値をキープできるのです。

ホテルの前で、しつこく迫ったら男の価値をさらに下げる事になり、連絡が永遠に途絶える原因になります。

男の価値を下げない行動こそが、ホテルの誘いを断られた後の一番の対処法です。

そうすることで、次回にチャンスが舞い降りてきます。

ホテルに誘うことを止める勇気も必要

彼女をホテルに誘いたいと思うと、独りよがりになりがちです。

ホテルに誘ってHしたいと思えば思うほど、ギラギラした嫌らしい目つきになってしまいます。

ホテルに誘うためのテクニックだけにこだわるから、そんな態度になるのです。

独りよがりになるのは、彼女の反応を観察していないからです。

つぶさに観察していれば、ホテルの誘いにOKをもらえるかなんて明解にわかります。

観察することで、女性の本当の気持ちを知ることになるのです。

だからこそ、自分を避けるような言動があれば、ホテルに誘うことを即やめる勇気も必要です。

さもないと、彼女の気持ちを無視して傷つけることになってしまいます。

押したらなんとかなる、こちらのペースに巻き込めば落とせるなんて真実ではないと思います。

無理にそんなことをしたら、「もう次はない」が真実だと思います。

彼女の気持ちを尊重した誘い方こそ、上手なホテルの誘い方と言えるのではと思います。