上手なホテルの誘い方!本命の彼女をホテルに誘う方法

ホテルの画像ホテルの誘い方

付き合いたての彼女を初めてホテルに誘いたい。

でも、下手にホテルに誘って断られたら気まずくなる。

上手なホテルの誘い方や誘い文句はないだろうか?

そこで、この記事では彼女をホテルに誘う方法についてお伝えします。

ホテルに誘うための準備からデートの流れ、上手な誘い文句、ホテルOKサインなど全てのプロセスを具体的にレクチャーします。

  1. 彼女をホテルに誘うには前提ルールを知る
    1. 下心を見せずに堂々と誘う
    2. 彼女が言い訳できるようにする
    3. 彼女に「ホテル行かない?」と許可を求めない
  2. 彼女をホテルに誘うには雰囲気を作る
    1. デートはチェーン店以外の薄暗い店にする
    2. デートはカウンター席にする
    3. スキンシップするコツ
  3. 彼女をホテルに誘うには会話を盛り上げる
    1. 褒めて共感して気分良くさせる
    2. 愛情を言葉にして誠意を感じさせる
  4. 彼女をホテルに誘うには、キスが一番に効果がある
  5. ホテルに誘うには愛情のある誘い文句にする
    1. 成功率が高い誘い文句
    2. すぐに使えるホテルの誘い文句
      1. ステップ1「門限が近いからママに叱られる?」と冗談ぽく聞く
      2. ステップ2「俺、ママに怒られるのイヤだよ!〜」とさらに「からかう」
    3. 失敗するホテルの誘い文句を知る
      1. 「何もしないからホテルに行こう!」
      2. 「眠くない?」
      3. 「スマホ充電したいからホテル行こ」
      4. 「ホテルに行かない?」
      5. 「Hしたい」「ホテルに行きたい」「お前が欲しい」
  6. ホテルに誘うにはシティホテルを選ぶ
    1. ラブホテルに誘うなら予約できるラブホにする
  7. LINEで彼女をホテルに誘う方法
  8. 彼女をホテルに誘うにはOKサインを見逃さない
    1. 「明日、ヒマなんだ」「眠くなってきちゃった」はOKサイン
    2. 体を寄せてくるのはホテルOKサイン
    3. 手相を見せてとせがまれた
    4. 一口ちょうだいは、ホテルOKサイン
    5. 終電を気にしていないのはホテルOKサイン
  9. ホテルに誘うには「その気がある」のかを確かめる
  10. ホテル脈なしサインを見抜く
    1. トイレに立つ回数が頻繁に増えた時
    2. 彼女が明日の予定を話始めたとき
    3. 終電の時刻を気にしている
  11. 「ホテルの誘いを断られた」気まずくならないフォローの仕方
  12. まとめ
    1. ホテルの誘い方は予測と準備で決まる

彼女をホテルに誘うには前提ルールを知る

付き合いたての彼女をホテルに誘うには、最低限に守る暗黙のルールがあります。

このルールを無視すると、ホテルに誘うことが難しくなります。

具体的なルールとは、
・下心を見せずに堂々と誘う
・彼女が言い訳できるようにする
・彼女に許可を求めない

この3点がホテルに誘うための前提になります。

では、それぞれをみて行きます。

下心を見せずに堂々と誘う

下心とは、ガツガツした態度やヤル気満々な態度です。

例えば、無理に酒を飲ませたり不自然なボディタッチばかりをすると下心がバレます。

また、終電を逃させようとマジになると下心丸出しになります。

バレたら彼女の心は一気に冷めてしまいます。

本命の彼女を心から好きだとしても、ガツガツしたら体目当ての遊びと誤解される恐れもあります。

今まで何度もデートしてきたのだから、


いつもと同じスタイルで接することが下心を感じさせないコツです。

ホテルに誘う時も、「君が欲しい」「抱きたい」などと下心丸出しの誘い方をしないことです。

また、オドオドしたり小声で誘わないで、堂々と誘うことです。

言いにくい事こそ堂々と言う事で、彼女の感情を動かせます。

彼女が言い訳できるようにする

女性は、何事も自分の判断で決断したと認めたくない生き物です。

自分に責任があると認めると、自己嫌悪でストレスになるからです。

ホテルに誘われた場合も同じ心理が働きます。

「お酒に酔っていい感じになったから」
「終電を逃してしまったから」

などの言い訳ができると「仕方がないな」と納得するのです。

と言うか、真実は自分にウソをつける口実があればいいのです。


「私はセックスしたくてホテルに行くのではない」と言う自分に言い訳できる口実があればいいのです。

だから、あなたが彼女をホテルに誘う時は、「もっと一緒にいたい」という誘い文句でいいのです。

これなら体目当ての誘い方になりません。

彼女も、好きな彼氏から「一緒にいたいと言われたので仕方がないな」と言い訳できます。

彼女が言い訳できる誘い方をする事で、成功率は飛躍的に向上します。

彼女に「ホテル行かない?」と許可を求めない

「ホテル行かない?」と決定権を彼女にゆだねたら、返事はNOです。

たとえ好きな人に抱かれても良いと思っていても、自分が決めたと認めたくないからです。

これは、言い訳が欲しい心理と同じです。
 
ストレートに「ホテル行かない?」と誘われては言い訳できないし、ストレートな誘い文句では彼女が冷めてしまうので逆効果です。

彼女をホテルに誘うには雰囲気を作る

彼女をホテルに誘うには、デート内容を充実させる必要があります。

つまらないデートだったら、その気にさせることはできません。

ホテルに誘うことが上手い男は、雰囲気を盛り上げる事を常に考えています。

デートする店選びから、会話で盛り上げる方法など計画的に動いています。

具体的には、


盛り上がる雰囲気を作るには
・チェーン店ではない照明が暗い店にする
・カンター席デートにする
・スキンシップをする

主にこの3つです。

デートはチェーン店以外の薄暗い店にする

デートの雰囲気を盛り上げるには、店選びが重要です。
特に明るさが場の雰囲気を左右します。

心理学でも、薄暗い場所ほどムードが高まり親密になれると言われています。

チェーン店は、ほとんど明るい照明が多いです。
また、安っぽいデートになり特別感を演出できません。

ですから、デートには不向きです。

デートは薄暗いムードがある店を選ぶ事で、ホテルに誘える成功率が高くなります。

デートはカウンター席にする

付き合いたての彼女をホテルに誘うには、横並びのカウンター席かL字席でデートします。

カウンター席かL字席なら、接近して会話できボディタッチできます。

肉体的な距離を縮めることは、かなり重要です。

心理的距離を縮めるには、肉体的な距離を縮めることが近道です。

彼女をホテルに誘うには、カウンター席を予約することです。

スキンシップするコツ

スキンシップは彼女をホテルに誘うために欠かせない行為です。

スキンシップをすることで、女性をドキドキさせ男として見てもらえるのです。

ですから、スキンシップができていないのに、店を出てからホテルに誘うとハードルが高くなります。

手も繋いでいないのに、ホテルに誘ったら当然断られます。

そこでスキンシップするコツについてお伝えします。


スキンシップするコツ
・いきなり触らないで段階を踏む
・口実を作ると自然にタッチできる

  
これが、彼女をホテルに誘うためのスキンシップのコツです。

まずは、手を繋ぐことからです。

待ち合わせして、食事する場所が決まったら、

「じゃあ行こっか!」と言いながら手を出すと、とても自然なつなぎ方になります。

初めて手をつなぐ場合はドキドキすると思います。

でも、

最初に手をつなげれば、後はいつでも、1日中ずっと手をつないでデートすることが出来ます。

手を繋ぐことで、ストレスホルモンが減少され心をリラックスすることが出来ます。

もし、彼女が手をつなぐ行為に迷っていたら当たり前の顔をして、普通に手を差し出してください。

「つないだ方がリラックスできるよ!」

と言ってください。

手をつなぐという行為はセックスの前段階なので、ある程度長い時間つないでおいた方 がいいです。

女性にセックスを意識させ密着感を高めるためです。

ここから少しづつ段階を踏んでいきます。

まず、視線の先にある女性の手をみつめます。
「手綺麗だね!」と真剣な表情でほめます。
「手綺麗だね」と言うと失礼になります。

ここで急に思い出したように「そう言えば、この前テレビで指の長さで恋愛運が分かるらしいよ」と切り出します。

そして「○○ちゃんの右手を見せて」と言って女性の手を触ります。

これなら合法的に自然な形で手を触れスキンシップができます。

恋愛運の答えは、思いついた事を適当に言えばいいのです。

このように、口実を作り段階を踏むことで自然なスキンシップをすることが可能です。

もし、耳をボディタッチするなら、「センス良いピアスだね」と大義名分をつけてタッチします。

頭をポンポンするなら、彼女が一生懸命に取り組んでいる話題にして「えらいね」と褒めながら頭を撫でます。

車が近づいてきた時に「危ないよ」と言いながら腰に手を回してさりげなくタッチします。

つまり、口実(大義名分)さえあれば、下心を感じさせずに自然なボディタッチができて親密になれるのです。

彼女をホテルに誘うには会話を盛り上げる

女性は、その場の雰囲気に流される傾向が強いです。

雰囲気さえ盛り上がれば、彼女を「その気にさせる」ことができます。

ムードを盛り上げるには、なんと言っても会話です。


会話を盛り上げるには
・褒めて共感して気分良くさせる
・愛情を言葉にして誠意を感じさせる

この2つを意識して会話します。

褒めて共感して気分良くさせる

気分良くさせるには、褒めることが一番に効果的です。

でも、「可愛いね、きれいだね」では安っぽい褒め方になります。

そこで、彼女のファッションセンスや気づかいを褒めます。

女性は、服装や美容などお金をかけて努力しています。
努力している部分を褒められたら幸福感で満たされます。

例えば、「その服〇〇ちゃんに似合うね!」とか「気づかいができる女性は素敵だね」と努力している面を褒めるのです。

多くの女性は多少なりとも気づかいしているので、そこを褒めるのです。

他にも、「〇〇ちゃんて料理が得意そうなイメージだね!」とか「(努力した事を知って)頑張り屋さんだね!」と内面を褒める事です。

褒める事で会話は自然に盛り上がり、かなり良いムードになります。
ホテルに誘うために気分を良くすることができます。

さらに、付き合いたての彼女の心をつかむために、フラストレーションを聞き出します。

聞き出す理由は、共感して親密になるためです。

まず、フラストレーションとは、簡単にいうと思い通りに行かない状態です。
つまり欲求不満な心理状態です。

例えば、新入社員が親しくなるきっかけは何でしょう?

はい、それはダントツ上司の悪口です。

「あの上司は気に触ることばかり言うからムカつく」

と敵を見つけて悪口を言い合うから親しくなるのです。

この心理は女性も同じです。

「敵を見つけて悪口を言わせる」ことで彼女と親密になれるわけです。

ただ、質問の仕方が重要です。

「あなたの不満はなんですか?」と、あいまいな質問では曖昧(あいまい)な返事が来てしまいます。

ですから、具体的に質問します。

あなた:「最近、ムカついたことある?」
彼女:「あんまりないわ」

こんな風に最初は否定されるので、

あなた:「その中で一番にムカついたことは?」
彼女:「一番に?うーん、それは」

こんな感じてフラストレーションを引き出します。

女性が不満に思う事をしゃべりだしたら、後は「その気持ち解るよ!」と共感します。

共感すればするほど、女はあなたを100%信頼して感情的になり「体を許してもいい」とその気にさせることができます。

愛情を言葉にして誠意を感じさせる

付き合いたての彼女は、デートであなたの「何気ない仕草や言葉」をつぶさに観察しています。

デートで、男の不誠実さを感じ取ったら、会話自体が盛り上がりません。

だからこそ「遊びじゃ無い」「体目当てではない」と誠実さをアピールする事がホテルに誘うコツです。

そこで、愛情を言葉にして誠意を感じさせます。


愛情表現をするには
・未来の予定を話す
・友達に祝福された場面を話す

主にこの2つです。 

未来の予定を話すとは、「今度、チャンスがあれば友人に紹介したい」とか「今度は〇〇に行こうよ!」と近い将来の予定を話すことです。

中でも、彼女の誕生日を聞いて「その時はお祝いするね」と約束するのが一番に誠実さを感じさせられます。

もし遊び目的だったら、自分のプライベートな友人を紹介したり、先々の予定を話したくないと彼女は感じます。

近い将来の予定を話すことこそ、愛情が伝わり誠実さも感じさせられるのです。

さらに、「彼女ができた事を友達に話したら、良かったね!」と祝福された場面を話します。

この話題にすると、彼女は「どんな風に私のことを話したの?」と気になります。

返事は、「優しくて素敵な女性だよ」と愛情を感じさせる内容にすると、もっともらしく愛情が伝わります。

誠実さと愛情を感じるからこそ、ホテルの誘いにも応じてくれるのです。

彼女をホテルに誘うには、キスが一番に効果がある

女性にとって唇を許す行為はSEXをしても良いということ。

キスさえできれば、誘い文句は必要ありません。
無言でホテルに誘えます。

では、実際にどうするのか?

キスするには、人の少ない夜景スポットや夜の公園に行きます。

キスするには、1にムード2にタイミングだからです。

ポイントは「暗い場所」「高い場所」のふたつ。

カップルが集まる夜景スポットや公園に行くと、周りの目を気にすることなく抱きついたりキスをしています。

観覧車も同じ様にキスをするカップルであふれています。

そう、キスをしないと不自然なのです。

女性がキスをしたくなかったら、初めからムードのある場所に行く事を避けようとします。

ムードのある場所についてきたら、それは「キスされるかも」と心の準備ができているわけです。

女性とキスできるかどうかは、場所次第で決まるわけです。

彼女とキスをしたいなら、「暗い場所」「高い場所」です。

ホテルに誘うには愛情のある誘い文句にする

女性は、自分の決断でホテルに行ったと認めたくない心理があります。

「ホテルに行こうか?」という誘い文句で誘われ、「うん」と返事したら自分が最終的に決定した事になるので、彼女は言い訳ができません。

「雰囲気が良かったから、お酒に酔ったから」と自分が納得できる言い訳が欲しいのです。

言い訳ができる口実を与えて逃げ道を作るのも愛情のある誘い方です。

彼女をホテルに誘うには、彼女が言い訳できる誘い文句を使うのがコツです。

例えば、


言い訳ができるホテルの誘い文句
・静かなところでゆっくり話そうよ
・2人きりになれる場所に行こうよ
・今日はもっと一緒に過ごしたい
・そろそろ次にステップに行こうよ

このように、彼女自身が「ゆっくり話したかったから、もっと一緒にいたいから」と言い訳ができる誘い文句にする事で成功率が高くなります。

誘い文句ひとつで結果は180度ガラリと変わるわけです。

成功率が高い誘い文句

ホテルに誘う成功率をアップさせる誘い文句は


成功率が高いホテルの誘い文句とは
・下心を感じさせない誘い文句であること。
・愛情が伝わる誘い文句であること。

これが、何よりも大切です。

例えば


「これからも思い出を共有したいから、ずっと一緒だよ」
「大切な人だから、見送りたくない!」

これらの誘い文句は愛情が伝わる誘い文句です。

一緒にいたい、大切な人だから見送りたくないと言われたら、付き合いたての彼女はキュンと感情が動かされます。

ホテルの誘いをOKされる確率が、かなりアップします。

一方で、愛情を感じない誘い文句を使うと、薄っぺらな見透かされる誘い文句になってしまいます。

例えば

「疲れたから、ホテルで休憩しようよ?」
「ホテル行こうよ?」
「2人だけになりたい」

よくある誘い文句として、男性経験が少ない女性や真面目な女には、「疲れたから、ホテルで休もうよ?」が効果的などと言われていますが、本当でしょうか?

疲れたからホテルに行くなんて不自然な誘い文句です。
疲れて休みたいのなら、ホテル以外の場所でもいいはずです。

体目当てのミエミエのウソと気づきます。

また、「ホテル行こうよ?」とストレートに男らしく誘うのが良いというのも不正解だと思います。

なぜなら、まるっきり体目当ての誘い文句だからです。

あなたは、この誘い文句で女性がホテルについてくると思いますか?

かなり高い確率でノーサンキューになるはずです。

「ホテル行こうよ?」は何度もホテル(ラブホ)に行っているカップルが使う誘い文句です。

勘違いしないでください。

すぐに使えるホテルの誘い文句

実は、高い確率で成功したホテルの誘い文句が有ります。

それは、「お子ちゃま扱い」したホテルの誘い文句です。

「えっ、お子ちゃま扱いしたら、逆にホテルに誘えないのでは?」と思うかも知れません。

でも、大丈夫です。

人間心理を応用した結果が出ている誘い文句です。

この誘い文句をステップを踏んで話ます。

ステップ1「門限が近いからママに叱られる?」と冗談ぽく聞く

すると、たいがいの女性は

「門限なんてないわよ。子供じゃないんだから(笑)」

と答えてきます。

まずは子供じゃないからと言わせます。

ステップ2「俺、ママに怒られるのイヤだよ!〜」とさらに「からかう」

またしても、

「だから子供じゃないってばー(笑)」

と女性に2回言わせる。

なんで「子供あつかい」するのか?

それはホテルの誘いに逆らえない様にするため。

人は、言ってしまったら引くに引けなくなる習性が有ります。

例えば

「その仕事を絶対に終わらせます」
「約束の日は必ず守ります」
「明日の待ち合わせ時間は10時ね!」

などと、断言したらもう後には引けません。
発言と行動を一致させようとします。

行動しなかったらウソつきになります。

心理学ではこれを一貫性の法則と言います。

この法則を女性心理に応用したのが、上記の誘い文句です。

「子供じゃない」と断言したら、もう引くことができません。
ウソつき人間のレッテルを貼られたくないので、ホテルの誘いを断るすべがないんです。

人を動かすには、何かを発言させる事です。

自分が言った事を守らないと、自分にウソをつく事ななるので自分が嫌になります。

そんな思いをしたくないので、人は発言と行動を一致させようとします。

失敗するホテルの誘い文句を知る

ホテルの誘い文句が悪かったら、上手く行かないのは当然です。
あらかじめ断られる誘い方を知っておくことです。

「何もしないからホテルに行こう!」

これは実に嘘っぽい誘い方で信じる女性は100%いない。
男と女が二人きりでホテルに入って「何もしない」はずはないですよね。

「眠くない?」

回りくどい誘い文句ですね。
しかも、下心が丸出しの誘い方です。
「眠くない?」と聞いて「眠い」と返事する女性はいませんよね。

「スマホ充電したいからホテル行こ」

今は、コンビニやファストフードで充電できる時代です。
ホテルに誘う口実としては見え見えの嘘だと気づかれます。

「ホテルに行かない?」

「ホテルに行かない?」と女性に聞いて、「いいわよ!」と答える女性はいません。

仮に行きたい場合でも

「すぐにOKしたら、軽い女性に思われないかな?」
「すぐOKしたら恥ずかしいな」

と女性は思ってしまいます。

ですから、質問形式でホテルを誘うのは絶対NGです。
決める権利を女性にゆだねても返事できませんよね。

「Hしたい」「ホテルに行きたい」「お前が欲しい」

ストレートな誘い方では、体目当てと思われてしまい女性のプライドは傷つきます。

むしろ、「君のことが好きだから」と表現を変えてホテルに誘うなら、OKされる可能性もあります。

ストレートな誘い文句では、失敗するリスクが高くなります。

ホテルに誘うにはシティホテルを選ぶ

「ラブホテルは“いかにも”Hな感じがするのでイヤ」という女性の意見が多い。

そこで、シティホテルデートをします。
雰囲気もラブホテルと比較できないほどロマンティックです。

だからシティホテルデートだと、誘いをOKされる確率がアップします。

それに、昼間だけ休憩できる割安のシティホテルも多い。
昼間にホテルに誘うにはシティホテルが最適です。

課題はデート費用がかかることです。

でも、ラブホテルに行って案内パネルに満室表示されていたらどうなりますか?

周辺のラブホをめぐり回るのですか?

それでは白けてしまい、何もせず現地解散です。

そんな事にならない様に、シティホテルを選択すべきです。

デート費用もかかるので、最初だけシティホテルでデートします。
一度でも体の関係を持ってしまえば、2度目はラブホテルでも大丈夫です。

一度こわされた壁は「もろい」という事です。

シティホテルは予約さえすれば、満室のリスクを避けられます。
食事をして、部屋までスムーズに移動できます。

彼女の気持ちが冷めないように、スムーズな移動は鉄則です。

しかも「いかにも」感がなくスマートに誘えます。

ラブホテルと比べて、シティホテルデートはメリットがあり過ぎるのです。

ラブホテルに誘うなら予約できるラブホにする

ラブホテルの短所は、満室のリスクが高いことです。

満席で次のホテルを探している間に、彼女が白けてしまい最終的にセックスできない。こんな事がよくありました。

そこで、予約ができるラブホテルを選びます。


予約ができるラブホを検索できるサイト
「カップルズ」「ハッピーホテル」
いずれも全国対応で探すことが可能

予約さえすれば安心ですが、あらかじめラブホの場所を確認しておくと、余裕をもってホテルに誘うことができます。

ただ、ホテルへの移動をスムーズにするためタクシーを使います。

ラブホテルの場所が遠いと女性の感情が冷めてしまいます。
スムーズな移動は鉄則です。

タクシーなら短時間で移動でき、女性が白けてしまうリスクも減らせます。

LINEで彼女をホテルに誘う方法

彼女をホテルに誘うには、誘うタイミングが重要です。

デート当日に誘うのもアリですが、やむを得ない理由でホテルの誘いを断られることも考えられます。

たとえば、可愛い下着じゃない、ムダ毛の処理をしていない、実は今日は生理など、やむを得ない理由で断られるリスクもあります。

これではタイミングが悪すぎます。

そこで、LINEを使い前もってホテルに誘います。
前もって誘えば、彼女に心や体の準備をする時間を与えることができます。

だからと言って、「今度のデートの後にホテルに行こうよ」と前もって誘ったら断れれることが容易に想像できます。

彼女は「何でいきなりホテルに誘うの?」「何でこのタイミングでホテルに誘うの?」と思ってしまいます。

そこに納得できる理由がないからです。

LINEを使い前もってホテルに誘うと、彼女に考える時間を与えるリスクも生じる事にもなるのです。

考えさせないためには、思わずOKする「もっともらしい」理由が必要なわけです。

つまり、LINEでホテルに誘うには、大義名文が必要ということです。

大義名分とは、簡単に言うと表向きの理由を伝えるという意味です。
簡単に言うと、口実が必要なわけです。

付き合ってる本命の彼女を、LINEを使って初めてホテルに誘うには、お泊まりデートを前もって提案するのも一つの方法です。

お泊まりが前提なら、車でドライブしながらジックリと2人の距離を縮めることもできます。

ですが、いきなりお泊まりデートでは彼女が引いてしまうのでは?と思うかも知れません。

でも大丈夫です。

たとえば、「来月は〇〇ちゃんの誕生日だね。記念に旅行に行こうよ」と誘ったら「えっ、誕生日をお祝いしたくて誘ってくれたんだ。それじゃ断れない」という女性心理になります。

これが大義名分です。

女性は記念する日にこだわり、決して忘れたりはしません。
何らかの形でお祝いしたいと思っています。

その気持ちを尊重してお泊まりデートに誘っているのです。

つまり、記念日という「もっともらしい」理由があると、自然で上手なホテルの誘い方になるわけです。

ただ、誕生日やクリスマスなど大きなイベントは年に一回しかありません。
彼女をホテルに誘うために、一年間も待っていられません。

そこで、短期の記念日を見つけます。

たとえば、「来月は付き合ってからちょうど2ヶ月になるね、その記念日に旅行に行こうよ!」と、記念日という言葉を前面に出してホテルに誘います。

「記念に旅行に行こう」と間接的に誘われたら、彼女はもう断ることができないはずです。

すでに付き合っている間柄ですし、付き合っているからこそ、いずれ男女の関係になるのは分かり切っているからです。

LINEで彼女をホテルに誘うには、記念日という理由を付けてお泊まりデートに誘うと効果絶大です。

さらに、記念日以外にも理由は見つかります。

たとえば

・温泉に行って癒されたい
・今しか見れないイベントや場所がある
・暑いから寒いから北海道や沖縄に行こう
・美味しいもので有名な場所だから行こう

これらは誰もが思う満たしたい欲望です。

その欲望を刺激して誘うのです。
あえて泊まる必要がある遠い場所に!

温泉が好きな女性は、かなり多いです。
みんな疲れをいやしたいと思っています。
しかも、温泉は泊まることが当たり前です。

なので、彼女を温泉旅行に誘ってもOKをもらえる可能性は高いです。

また、人は「今なら・今だけ」という言葉に弱いです。
それは、なかなかチャンスが得られない限定性があるからです。

さらに、美味しいもので有名な場所に行こうと誘われたら、希少価値や特別感があり魅力を感じます。

LINEでホテルに誘うには、このように「もっともらしい」理由を見つけてお泊まりデートに誘う事です。

彼女をホテルに誘うにはOKサインを見逃さない

女は男を好きになってしまえば、2人の関係を深めることに積極的になる。

でも、「ホテルに行きたい」とは口がさけても言わない生き物。

ホテルに行ってもいいと思っていたら、少なからず「ホテルOKサイン」が出ています。

逆に、ホテルに行く事がイヤなら「ダメサイン」が出ています。

それを見逃さないことです。


ホテルOKのサインとは
・「明日、ヒマなんだ」「眠くなってきちゃった」という発言
・「手相を見せて」とせがまれる
・あなたの食べ物を「一口ちょうだい」とねだる行為
・終電を気にしてない

これらのOKサインが出ていたら、ホテルに誘うべきです。

ここまでされて誘わなかったら、「鈍感な男」のレッテルを貼られます。

それだけでは済まず、距離をおかれて次のチャンスは消滅するでしょう。

「明日、ヒマなんだ」「眠くなってきちゃった」はOKサイン

その気が無い付き合う前の女性や彼女が「酔っちゃった」「眠くなってきちゃった」なんて言いません。

「ヒマなんだ」は誘って欲しい、もっと一緒にいたい気持ちの裏返しです。

しかも、聞いてもいないのに言ってくるのは、男性がホテルに誘いやすい様にOKサインを出している証です。

体を寄せてくるのはホテルOKサイン

デート中に、あなたの肩や手、膝などに何気なく触れて来る仕草は好意がある証拠です。

中でも、頭をあなたに預けて傾かせてきたら惚れている証です。

人は、信頼できる好意のある人間にだけ大事な頭部をゆだねるからです。

これは、ホテルOKのサインです。

手相を見せてとせがまれた

「手相を見せて」と彼女が言ってくる心理は、手を握りたいからです。

男でも女でも、好きな異性の手を握りたいと思うのは本能です。

こんな時は、すかさず彼女の手を握り目を見つめると、ホテルに誘うための雰囲気が高まります。

一口ちょうだいは、ホテルOKサイン

食べ物をねだるとは、「一口ちょうだい」と彼女が「おねだり」する行為です。

あなたが食べている料理や飲み物を「味見させて」「一口飲んでいい?」と、彼女から言われたらドキッとするはずです。

口をつける位置も気にせず飲食していたら、間接キスになるからです。

すでにキスをした仲なら、お互いに特別な感情を持ちません。
しかし、まだキスもしていない仲なら、キスOKのサインと言えます。

女性はキスにこだわりを持っています。

キスがOKならホテルに誘っても大丈です。

「一口ちょうだい」「一口飲ませて?」と彼女から言われたら、ホテルOKサインと言えます。

これを確かめるには、「僕も味見したい」「僕にも一口飲ませて!」と言えば彼女の本当の気持ちが分かります。

彼女が嫌がるそぶりをしなければ、もう完全ホテルOKサインです。

終電を気にしていないのはホテルOKサイン

終電の時刻を気にすると、時計や携帯で何度も確認するのが普通です。

終電を気にする素振りがないのは、「もっと一緒にいたい」気持ちが少なからずあるからです。

ホテルに誘ってOKをもらえる典型的なパターンです。

ただ一つだけ注意点があります。
終電が終わった時刻は、ほとんどのラブホは満室の可能性が高い事です。

ラブホを探し回っていては、気持ちが白けてしまいます。

あらかじめ、ラブホを予約した上でタクシー移動するのが上策です。

ホテルに誘うには「その気がある」のかを確かめる

もし、OKサインがなくても「女性にその気があるのかどうか?」を確かめる方法があります。

例えば、

あなた:「明日は早いの?」と彼女や付き合う前の女性に尋ねます。
女性:「うん、大丈夫だよ、早くないよ」

あなた:「もしかして、明日は休み?」
女性:「うん、明日は休み!」

あなた:「それじゃ夜遅くなっても大丈夫だよね?」
女性:「えっ、どこに行くの?」

あなた:「にぎやかなカラオケと静かに飲める場所、どちらを選ぶ?」

こんな感じでテストクロージングします。
テストクロージングとは、「その気があるかどうか?」の確認をする作業です。

ここでは3回にわたり「その気があるかどうか?」確認する質問をしています。

「明日は早いの?」の質問に対して、「早くない」という返事なら

まだ一緒にいたいという気持ちです。

反対に、「明日は早い」と言う答えなら「早く帰りたい」という気持ちです。
ホテルに誘っても、断りを受ける確率が高くなります。

「明日は休み?」の質問に対して「うん、休みだよ」という返事なら

明日は時間がありヒマかも知れない事が推測できます。

ヒマかどうかは、間接的に探りを入れるだけで知る事ができるわけです。
ホテルに誘える確率がアップします。

反対に、「明日は仕事だよ」「休みだけど用事があるの!」という返事なら、ホテルに誘っても、断りを受ける確率が高くなります。

ここでは、女性の休みの日を事前に知っておく事が大切です。
知っておくと本当に休みなのか、ウソかどうか判断できるからです。

そして「にぎやかなカラオケと静かに飲める場所、どちらを選ぶ?」の返答が静かに飲める場所なら、

口説かれても平気、もっと一緒にいたいという気持ち

を知る事ができます。

女性は言葉に敏感な生き物なので、「静かな場所」と連想しただけで「もしかしてホテルに誘われるかも?」と察知します。

それを知りながら、「静かな場所」を選んだ理由は、もっと一緒にいたいからです。

「もっと一緒にいたい」という感情を確認できれば、「今夜はずっと一緒にいたい」と「ありきたりの誘い文句」でホテルに誘っても応じてくれます。

「もっと一緒にいたい」という気持ちがなければ、彼女でも付き合う前の女性でも普通に断りを受けます。

何回もデートしても、素晴らしい誘い文句を使ってもホテルの誘いを当然に拒否されます。

何気ない女性の答えに、本音の気持ちがあるのです。

ホテル脈なしサインを見抜く

今まで「ホテルOKサイン」について解説して来ましたが、「Hしたくないサイン」について知っておくことも大事です。

Hしたくないサインが出ているのに、それを無視してホテルに誘っても拒否されることは分かりきっているからです。

したくないサインはそれほど重要なことです。

では、それぞれの「Hしたくないサイン」をみて行きます。

トイレに立つ回数が頻繁に増えた時

酒の席では、彼女や付き合う前の女性がトイレに行く回数に意味があります。

酒を飲んでいればトイレに行く頻度も当然に増えますが、あまりにも回数が多くなる場合は、退屈している証拠です。

つまり、楽しくないためトイレに逃げているのです。

特に注意すべきことは、携帯電話だけ持ってトイレに行った場合です。

あまりにも長い時間戻ってこなければ、他の人とメールやLINEをしている可能性が高いです。

人にとって退屈は一番の苦痛です。
苦痛から逃げるために帰りたい気持ちになっているわけです。

もう、女性の気持ちは完全に冷め切っています。
ここでホテルに誘っても拒否されます。

他にも「退屈」している仕草として

・視線を合わせようとせず、スマホや指をながめている
・時間を気にして時計をよく見る
・うつむき加減になる

なども退屈している表れです。

彼女が明日の予定を話始めたとき

例えば、「明日は早い」とか「明日は仕事で忙しい」など次の日の予定を話始めたら、ホテルに誘うことを中止することです。

これは彼女や付き合う前の女性でも共通しています。

たとえ好意があったとしても、本当に次の日に大事な用があるかも知れません。
もしかして、ウソかも知れません。

いずれにせよ、暗に「今日は無理」と言っているわけです。

ずるずると時間を引き延ばしても、あなたに対する評価は下がります。
しつこくしたら完全に縁が切れてしまいます。

ここは潔く撤退した方が賢明です。

あっさりと引き下がると、次のデートであっさりOKされたケースは普通にあります。

終電の時刻を気にしている

デート中に、終電の時刻をかなり気にしている。
時計を見たり携帯電話も気にしている。

これは、早く帰りたい気持ちがあるからです。

この状態でホテルに誘っても断られます。

「ホテルの誘いを断られた」気まずくならないフォローの仕方

彼女をホテルに誘い断られたら、気まずくなります。

気まずくなると、「あ、そうだよね、ごめん。」と謝罪しがちです。

断られただけでも気まずいのに、謝ってしまうと一層気まずくなります。

謝まってしまったら、あなたが悪いことをしたことになります。

ホテルに誘うことは悪いことですか?

男と女が2人きりでデートしたら、その先にSEXがある事ぐらい中学生でも分かっています。

ホテルの誘いを断られても絶対に謝らないことです。

彼女が気にしていることは、断った後の「あなたの態度」です。

もし、オドオドとしたみっともない姿をさらしたり、言い訳をすればするほど下心を感じさせて彼女は一瞬で幻滅するでしょう。

それは男の価値を下げてしまったからです。

また、気まずさを解消しようとして「ホテルに行こうと言ったのは冗談だよ」と、ごまかすのも止める事です。

彼女を侮辱(ぶじょく)する事につながるからです。

気まずくならないようにするには、ホテルの誘いを断られても堂々とした態度でいることです。

それには、あっさりと引いて帰宅することです。

ホテルの前で、しつこく迫ったら男の価値をさらに下げる事になるからです。

男の価値を下げない行動こそが、一番のフォローになり次回にチャンスが舞い降りて来るのです。

まとめ

彼女をホテルに誘うには、

・前提となるルールを知る
 下心を見せずに堂々と誘う、彼女が言い訳できるようにする、彼女に許可を求めない。

・雰囲気を盛り上げる
 チェーン店ではない照明が暗い店にする、カンター席デートにする、スキンシップをする。

・会話を盛り上げる
 褒めて共感して気分良くさせる、愛情を言葉にして誠意を感じさせる。

・キスが一番効果的
 ムードとタイミングに心がける。

・愛情を感じられる誘い文句にする
 言い訳できる誘い文句にする、断られる誘い文句を知る。

・ホテルに誘うならシティホテルにする
 ラブホテルなら予約できるラブホにする。

・ホテルOKサインを見逃さない
 脈なしサインも知る。

・その気があるのか「間接的に」質問してみる

・ホテルの誘いを断られたら、謝らないで「あっさり」引く

以上が、彼女をホテルに誘う方法の概要です。

ホテルの誘い方は予測と準備で決まる

準備の段階からホテルまでのプロセスを頭の中でシュミレーションしてください。

そうする事で、成功率がさらにアップします。

大切なのは、暇さえあればシミュレーションをして予測をしておくことです。

「緊張して、うまく出来ませんでした」という人の 99%が、「予測」と「準備」が不足 しているだけです。

きちんと「予測」と「準備」をしていれば、緊張なんてしません。
緊張さえしなければ ホテルに誘う事が上手くなります。