女性を追いかけさせる方法!モテる男は女性に追いかけさせる!

男を追いかける女口説き方

モテる男は女に追いかけさせる様に仕向けます。

最初に口説く段階から女を追いません。
もちろん、振られても追いません。

女性の感情を巧みに操り、おびき寄せているのです。

この記事では、女性を追いかけさせる方法について徹底解説します。

女性を追いかけさせる方法

女性を追いかけさせるには、まず女性から興味を持たれる必要がある。

しかし、ほとんどの男は女性に興味を持たれる前に自滅している。

好きな女性に優しさをアピールしたり
「きれいだね。かわいいね」とほめたり
自慢話をして「オレはできる男なんだ」とアピールしたり

すべて男の本能でやってしまう。

本能のままの行動は、男の価値を下げていることに気付いていない。
このような行動は、「君とセックスがしたい」と暗に言っている事と同じ。

女性は「何だコイツ、下心丸出し」と思っても表に出さないで、言い寄ってきた男を適当にあしらって「もう会わない評価」をしてしまう。

女性に優し過ぎると、なめられます。
女性をほめて媚(こ)びると、見下されます。

いつまで経っても「いい人」で、何も始まらないまま恋が終わる。
そう、女性から興味すら持ってもらえない段階で「さよなら」なのだ。

そもそも、女が興味を持つ前に口説こうとするから自爆するのだ。

モテない原因、興味すら持たれない要因はここにあるのです。

つまり、女性から興味を持たれていない段階で、女性を追いかけさせる事は無理ということ。

女性は自分よりレベルの低い価値のない男には興味すら持たない。

まずは、ある程度に仲良くなった上で、女性を追いかけさせることができる。

では女性が欲しがる価値のある男とは、具体的にどんな男なのか?

手に入りそうで入らないから追いかけてくる

「君がいないと寂しい」「君と会えてうれしい」「君と話すと元気になる」

こんな女々しい発言をする男がいる。

好意がある発言をすればする程「すでに手に入った男」に成り下がる。
「もう私にベタ惚れね、この男」完全になめられています。
見下されているので、興味すら持たれない。

手に入った男=価値が低い男

とシビアに評価されるわけです。

人は、手に入りそうで入らないから欲しくなる生き物です。
これは女性との関係でも同じこと。

手に入りそうで入らない男=価値が高い男

と勝手に思い込むからです。

その「勝手な思い込み」が「あなたへの興味」につながるのです。
女性は、いったん興味がわくと関係を深めることにポジティブになります。

「他の男とは違う、手に入れたい」と執着するんです。

つまり、女性に追いかけさせるには、「手に入りそうで入らない男」になりきればいいんです。

具体的には、女性に対して好意があったとしても、無関心を演じてアプローチするのです。

女性は、好意を示さない男には、逆に興味を持つ生き物だからです。

では、さらに分かりやすく話していきます。

女を焦らして不安にさせ追いかけさせる

女は男に興味を持ってしまったら、2人の仲を深めることに積極的になる。

モテる男は、女がその気になり恋愛のスイッチが入っても、すぐには関係を深めようとしない。

一旦ここで、焦らして不安な気持ちにさせる。

・LINEやメールの返信をわざと遅くして焦らすこと
・返信自体をすっぽかす(シカトする)

というやり方も、追いかけさせる一つの方法です。

今まで、すぐに返信していた男が、急に遅くなったら

「どうしたのかな?」
「他に好きな女性がいるのかな?」
「私のこと、どう思っているの?」

いつまで経っても返信が来なかったら

「私なんか気に触ることした?」

と不安にさせて、あなたの事で頭の中を一杯にさせ夢中にさせる。

他にも、「デートが盛り上がったら、そこで打ち切る」という焦らし戦法も有ります。

楽しい時間を、いきなり止められたら未練が残る。

「なんで彼は帰ろうとするの?」かなり不安になります。

不安な気持ちは、やがて依存心に変化します。

こうやって、すぐに関係を深めないで焦らすだけ焦らして不安にさせて、女性に追いかけさせる。

普通の男は、毎日の様に連絡を取り仲良くなろうと行動します。

一刻も早く関係を深めようとします。

でもそれでは、あなたに依存してきません。

心配させて不安な気持ちにさせるから依存して追いかけて来るんです。

他の女性の影を「さりげなく」匂わして追わせる

「あっ!その日は他の子と会う先約があって」
「この前、会社の子と昼飯食った時に変わった事があって」

と他の女の影を「さりげなく」彼女の前で匂わすんです。

すると、女は敏感なので気付きます。

「この男モテる、もしかして他の女に取られてしまうかも・・・」

と焦らす。

女を追いかけさせる究極の方法は「失う事への恐怖」を与える

人は、1万円拾うより1万を落とすことの方が怖い。
「一人ぼっち」になって孤独になりたくない。
仲間はずれにされたくない(裏切られたくない)

人は得ることより失うことに恐怖を感じてしまいます。
失う事への恐怖は、狂ってしまうほど人を動かしてしまいます。

先ほどの事例で、他の女性の影を知った彼女はどういう行動になりますか?

慌てる気持ち、焦りの感情があればあるほど、あなたを追いかけてきます。

「他の女に取られてしまう」という感情は、あなたを失いたくない恐怖心があり、手に入れたくてたまらない心理状態です。

ストーカーになる程、あなたを追いかけてきます。

もうこうなると、恋愛の主導権はあなたです。
価値のある男に成り上がっている状態です。

ただ、この方法は乱用すると効果があり過ぎるため、ほどほどに使うことです。

アメとムチのギャップを与えて女を追いかけさせる

あなたは、以下のような行動をしていませんか?

・好きなタイプの女性には特別に優しくしたり

・「可愛いいね!きれいですね!」とほめて持ち上げる

・自慢話をして「できる男」をアピール
・LINEで口説こうとして、やたらに長い文章を送る

このような「女の気を引く」ことをやって、女を惚れさそうとします。
ハッキリ言って、興味すら持たれていないのに、これらの気を引く行為をしても男としての価値を一瞬で下げている。

自分より価値が低い男には、女は興味すら持たない。

まずは、この現実を素直に受け入れることです。

優しくするタイミングが重要

モテる男は、「たまに」優しく接しています。
いつもいつも優しくしていません。

女性が喜ぶ「アメ」を与える回数は5回に1回くらいで、普段は「素っ気ない」くらいに冷淡です。

メールやLINEも用事がなければ連絡しない。
仮に連絡した場合でも、短い要点だけの文章。

「ほめる」タイミングは「ここぞ!」という時のみで、滅多にほめない。

女が喜ぶ「アメ」はごくわずかで、ほとんどが鞭(ムチ)ばかり。

いつも優しくされたり、ほめられたら嬉しいを通り越して何の感動もありません。
つまり、女心が揺さぶられない退屈な状態です。

一番良くないのは、この退屈な心理。

退屈な男ばかり=興味がわかない=女性に追われない

という図式が出来上がります。

だから、女心をエキサイティングにして追いかけさせるには、

【普段は素っ気ない態度、でもいざとなったら優しい、私だけには優しい】

という男のギャップに心が揺さぶられて、どうしても興味が向いてしまう。

そのギャップが大きいほど魅力を感じて、いつの間にか惚れてしまう。

そのためには普段から、興味がある女に対して、興味があるけど無関心を装うことです。

女は、自分に好意を示さない、口説かない男が気になって仕方ないからです。

「この男は私をからかってばかりで、一向に口説いてこない」
「いったい私の事どう思っているの?」

もうこの時点でギャップを与えていることに気づきましたか?

「普通の男は、すぐに言い寄ってくるけど、今度の男はいつもと違う」

最初のアプローチが他の大勢の男と違うんです。
だから、どうしても興味がわいてしまうのです。

で、ここからが本番です。

人は誰でも悲しい時や嬉しくてたまらない時が「必ず」やってきます。
モテる男はここで、すかさず慰めたりほめたりします。

普段は素っ気ない男から優しくされたらグッときます。

「普段は冷たいけど、本当は優しい男なんだ」女心はグラグラと揺り動かされます。

もうこうなったら、後は時間が解決してくれます。

いったん男に関心を持ってしまったら、女は積極的に行動する習性があるからです。

すでに恋愛の主導権はあなたが握った状態です。

相変わらず、普段は素っ気ない態度、でもいざとなったら優しくします。
これを繰り返していくと、女を追いかけさせる様になります。

「グチ」を聞き出すと深い関係につながる

女性との仲がなかなか進展しないと悩んでいる男は多い。

進展しない原因の一つは、いつまでも気をつかい過ぎていること。

気をつかい過ぎると関係がギクシャクして縁が切れることも有ります。

そこで、女の口からグチを聞き出し、「その気持ち分かるよ」と共感すると女は、あなたに依存してきます。

依存させると、女を追いかけさせることが簡単にできます。

グチの聞き出し方は

時々、寂しそうに笑うね?

この聴き方をすると「えっ、さびしそうな顔してた?」脳が勝手に理由を探します。

すると、心当たりがある女は、あふれ出るほどグチを喋り出します。

あなたは、時々うなずき「それは辛かったね」と共感するだけ。

「こうしたらどう?」とかのアドバイスは一切しないこと。
どうするかどうかは、自分で決めてあるからです。

女性が求める事は、自分の気持ちを理解して欲しいだけです。
なので、シンプルに「辛い思いをしたね!」と味方になるのです。

恐ろしいことに不平不満を聞き出すと、女はあなたの言いなりになります。

実際にやってみると、この効果を本当に実感できます。

この場合も恋愛の主導権は、あなたが握ることになります。

主導権さえあれば、女はあなたに依存して追いかけてきます。

女性に追いかけさせる方法:LINE編

LINEは、女性との関係で結果がかなり変わってきます。

アドレスを交換したばかりで、何の恋愛感情もない。
好意もまだ持っていない状態では、どんな方法を使ってもムダです。
ここでの追いかけさせる方法は、あなたのことを一日中、考えてしまう様に仕向ける作戦です。

一日中、考えてしまったら、気がついて時には、あなたに夢中になっています。

なので、LINEを送ったら普通に返信が来る良好な関係ができてることが前提です。

女に追わせるには、マメに連絡しない

「マメな男は好かれる」と言われています。

モテない男は、この言葉を信じて毎日のようにLINEで連絡を入れます。

毎日連絡すれば、女性が振り向いてくれると誤解しているからです。

最初の内は返信が来るでしょう。
でも、しばらくすると返信が遅くなり、やがて既読無視や未読無視されます。

それは、好きでもない男からの連絡がウザくなるからです。

女性は、好きな男からマメに連絡されることを望んでいるのです。

好意がない段階でマメに連絡しても、女を追わせることなど到底無理です。

好意がない男から追いかけられると、逃げたくなるのが女性の恋愛心理です。

好意が芽生えるまでは頻繁に連絡はしないことです。

このことは、付き合うようになった恋人同士でも同じです。
女性があなたに好意があってもマメに連絡しないのです。

モテる男は女性に追いかけさせるように仕向けます。

なぜなら、毎日のように自分から連絡したら、彼女を追いかけている状態になってしまうからです。

男が女を追いかけていては、いつまで経っても女を追わせることが出来ません。

まさに彼女に執着しているわけです。
彼女から見ると、「手に入った男」で安心し切っている状態です。

そうなると、男の価値は下がる一方です。

このような状態で女性に追わせることができるでしょうか?

NOですよね。

女性を追わせるコツは、マメに連絡しない、すぐに返信しない、たまにシカト(無視)することです。

女性を追わせるには、恋愛の駆け引きも必要です。
恋愛の駆け引きなどしたくないという男性もいるかも知れません。

でも、そうしないと付き合っていても執着せず追いかけさせることができません。

そこで、女性を追わせるためにLINEの返信はすぐにしないことです。

今まですぐに返信していたら、何時間も空けて返信することです。

すると彼女は、「どうして返信こないの?他に女でも出来たの?」と不安な心理になっていきます。

あえて女性に不安な感情にさせることが、女性を追わせるコツです。
人は失いそうと感じたら欲しくてたまらなくなる生き物です。

手に入った男を誰か他の女に取られてしまうかも・・・

そう思うと、あなたのことで女性の頭の中はいっぱいになります。

その結果、いつの間にか女性に追わせることが出来るのです。

さらに、女性を追わせるコツはシカトです。
無視という意味です。

では、どんな時にシカトするのか?

例えば、

付き合ってから何度かデートした。
LINEの返信も必ずしていた。
「あ〜、この男は浮気もしないし私にベタ惚れ」

このタイミングで「急に」無視するのです。

デートなら「素っ気ない」態度で女性からの誘いを「急に」断るのです。
場合によってはデートをわざとドタキャン します。

今まで何の問題もなく付き合っていたのに、急に無視されたら

「いなくなってしまうかもしれない」

そう感じたら女性はあなたを欲しくてたまらなくなります。
その結果、女性を追わせることが出来ます。

ただし、シカトするのは一回限りです。
やり過ぎると女性を追わせるどころか、本当に縁が切れてしまうからです。

このように、マメに連絡しない、すぐに返信しない、たまにシカト(無視)することで女を追わせることが可能になります。

既読無視してムキにさせ女性に追わせる

LINEを送ったのに、すぐに返信が来ない。
もしくは、いつまで立っても返信がこない。

こんな経験がありませんか?

今まで問題なくやり取りしていたのに、突然に返信が来ない。

「どうしたんだろう?嫌われたのかな?忙しいのかな?」

こうなると、かなり不安になり気になって仕方がないはずです。
いつの間にか、相手の女性のことで頭の中が一杯になってしまった。

このパターンを女性に向けて応用します。

しかし、何度も言いますが、女性があなたに興味があることが前提です。
興味がなかったら返信が来なくても平気だからです。

OKですか?

既読無視する回数は、3回に1回です。

女性が「返信を期待しているな」と感じる文章の時に既読無視します。
わかり易く言うと、女性が質問してきた時がチャンスです。

「早く返信こないかな〜」とスタンバイの状態だからです。

ここで既読無視をすると一番効果がでます。

逆に、「返信を期待していない」時には既読無視しても効果がありません。
単純に、「やり取りが終了したんだな」と安心するだけです。

相手の返信を期待しているから「早く返信よこせよ」とイライラして不安になっていくのです。

あとは、この繰り返しです。
「たまに」にやりましょう。

LINEの頻度が増えてきたら、女を追いかけさせる第一歩が成功

あなたに対して、女性がわずか小さな興味しか持っていない段階でも、返信が来ないと女性は気になります。
気になればなる程、小さな興味は大きな好意と変化します。

その変化とは

・女性の方から頻繁に連絡が入る様になります。
・質問が増えてきます。
・用事もないのに「今何してる?」とメッセージが入る

この様な言動が増えてきたら、女を追いかけさせる最初のステップをクリアーできます。

嫌われても良い覚悟が女を追いかけさせる

嫌われても良い覚悟とは、積極的に嫌われるという意味ではありません。

「嫌われたらどうしよう」という恐怖心を捨てることです。

突然ですが、あなたが失恋した女性を思い出して欲しい。

その女性達は、あなたが嫌われたくないと恐れた女達のはずです。

好きな女性に嫌われるのを恐れたので、逆に嫌われて縁が切れたのです。

好きな女に嫌われないように顔色を伺っていると、結果的に女性から嫌われることになります。

「いい人」で一生をむなしく終えます。
男として見られてないのですから、恋のスタートラインにも立っていないんです。

「嫌われてもいい」と思うと追いかけてくる

わかりやすい例で説明します。

女性を食事デートに誘うケースです。


【嫌われることを恐れているヘタレ君の場合】

「今度の土曜日、もしよかったら食事しませんか?」

【嫌われることなど気にしていない男の場合】

「今度の土曜日は食事に行くよ!時間を空けておいて!」

実はこれ、僕の体験を比較した実例です。
ヘタレだった頃と今現在では、誘い方がかなり違いますよね!

嫌われてもいい覚悟があると、これほど発信する言葉も変わってくるんです。

しかも、誘いのハードルが下がるんです。
女性に気を使ってアレコレ余計なことを考えずに済みます。

重い誘い方にもならないし、たいがい「連れてって!」となっていました。

今まで、あなたは女性に合わせて顔色ばかり気にして好かれましたか?
デートできました?
恋愛が長く続きましたか?

嫌われない様にしたって、どうせ好かれないんですよ!永遠に。

嫌われることを恐れる男達が多すぎて、女達はウンザリしているんですよ!

嫌われてもいいと思えたときから魅力的な男になり、女が追いかけてくるんです。

心理セラピスト Mr.Pro (ミスタープロ)