好きな人に話しかける方法!女性と話す「きっかけ」を作るコツ

会話する男女会話

好きな人に話しかけられない。
話しかけたいけど話題がない。

男性なら、このような悩みがあると思います。

好きな女性と話すには、自然に話しかける「きっかけ」が何よりも必要です。

そこでこの記事では、好きな人に話しかける方法について解説します。

好きな人に話しかけられない理由

好きな女性と仲良くなりたい。
そう思う男性は多いはずです。

彼女に話しかけるなら、気心が知れた仲なので気軽に話しかけられます。

これが片思いしている気になる女性に話しかけるとなると、「話しかけたいけど話題がない」とか「話しかけた時の女性の反応が気になる」という心理から中々話しかけられません。

盛り上がる話題がないと、話しかけても気まずい思いをしてしまうことになります。

話しかけた時に、好きな女性の反応がイマイチだったら白けた雰囲気になる可能性もあります。

好きな女性に対して、急に話しかけたり用もないのにわざわざ話しかけて迷惑そうな顔をされた男性もいると思います。

話しかけるタイミングが悪いと、「また迷惑そうにされたらどうしよう」というトラウマを抱えることにもつながり、話しかける勇気もなえてきます。

すべては好きな女性に嫌われたくない、好かれたいという気持ちが根っこにあるからです。

これが、好きな人に話しかけられない心理になる最大の理由です。

好きな人に話しかける勇気がない

話しかける勇気がないのは結果を気にするからです。

たとえば、

話しかけて話題が盛り上がらなかったらどうしよう。
話が途切れて気まずい雰囲気になったらどうしよう。(沈黙が怖い)

などと結果を気にするから話しかけられなくなるのです。

結果を気にするあまり話しかけなかったら、永遠に好きな人と仲良くなれません。

話しかけて失敗することよりも、本当の失敗は何もしないで後悔することです。

何もしないでいるうちに、他のライバルに好きな人を奪われてしまう恐れもあります。

そうなってから「もしあの時、話しかけていたら・・・」と悔しい思いをするだけです。

あなたに必要なのは、好きな女性に自然に話しかける「きっかけ」ではないでしょうか?

話しかける「きっかけ」さえあれば仲良くなれるきっかけを得ることが出来ます。
仲良くなれれば好きにさせることもできます。

大事なことは話しかける勇気よりも、話しかける「きっかけ」だと思います。

話しかける「きっかけ」さえつかめば、話術など不要です。

女性の感情を揺さぶる会話をするだけで、好きな女性を好きにさせることが可能です。

女性の感情を揺さぶる会話については、好きな人に話しかける方法で詳しく紹介します。

話しかけた時の女性の反応が気になる

好きな女性に話しかけた時、どんな反応をするか気になると思います。

迷惑そうな顔をされたり素っ気ない反応をされたらどうしよう。
自分ばかり話しかけていて、好きな女性のリアクションが薄かったらどうしよう。

そう思うと、話しかけられません。

好きな女性のリアクションが薄くなるのは、話しかけてきた男性に興味がない場合が多いです。

話題が良いとか悪いとかではなく、そもそも話しかけてきた男性に興味がないから女性のリアクションが薄くなるのです。

むしろ興味のある男性なら、話題を盛り上げようとして女性の方から積極的に話しかけられるのが普通です。

つまり、話しかけてきた男性に対して、好意があるかどうかで女性の反応は変わるのです。

好意がある男性から話しかけられたら、嬉しそうに笑顔で反応します。
自分からプライベートな話をしたり、自分のことを話す量が増えたりします。

そう、リアクションが驚くほど大きくなるのです。
それは女性からの脈ありサインです。

一方で、好意がない恋愛対象外と思っている男性には、「はい」とか「そうですね」と短く返答して話題を終わらせようとします。

話しかけた時に素っ気ない反応をされたら、誰でも会話を続ける気力を失くします。

それは、「あなたに関心がありませんよ」と男性に脈なしを気づかせるためです。

「会話を盛り上げる積もりがないから脈なしを察してよ」と態度で伝えているわけです。

話しかけた時の女性の反応が気になるのは、「俺に好意があるのかないのか?」を確認したい気持ちが心の中にあるから気になるのです。

何とも思っていない女性に対しては、反応など気にせず平気で話しかけているはずです。

話しかけたいけど話題がない

話題がないと、話が盛り上がる話題を考えて会話を盛り上げようとしがちです。

さらに、自分が考えた話題でたくさん話そうとします。
自分がいっぱい話すことで話をはずませようと考えているからです。

話をはずませようと思うのは、嫌われたくないという恐怖心と好きな女性に良く思われたいという欲望があるからです。

そもそも、自分が考えた話題で話をはずませることには無理があります。

人は他人の話を聞くより自分の話をしたいからです。

自分のことをたくさん話すと誰もがスッキリした気持ちになります。

しかも、自分が話している時に「あなたの気持ちよくわかる」と共感されたら喜びが何倍にもなります。

こうなると、話がはずまないわけがありません。

つまり、自分のことを話題にするより、女性がしゃべりたいことを話題にする方が話がはずむのです。

女性がしゃべりたいことを知るにはシンプルに質問するだけです。

たとえば、

「一番に楽しいと思うのはどんな時?」
「自由な時間ができたら何がしたい?」

このように聞くことで女性が興味を持っている話題を簡単に引き出せます。

女性がしゃべりたいことを話し出したら、「へぇー、そうなんだ素晴らしいね」などと感情を共有するだけです。

嬉しい、悲しい、辛い、ムカついたなどの喜怒哀楽の感情を一緒に共有すると一体感が生まれます。

一体感が生まれると、「この男と話すと楽しいな!もっと話したい!」という気持ちになります。

その結果、恋愛感情も芽生えるのです。

ここで注意すべきことは、

・女性の話をさえぎらないで最後まで聞く
・自分の話にすり替えてしまう「会話どろぼう」はしない

これが重要なポイントです。

女性がしゃべりたいことを話題にすることを第一に考えれば、気の利いた話題を探したり会話テクニックを使う必要がないのです。

話しかけたいけど話題がないという沼にハマる恐れから解放されるのです。

好きな人に話しかける方法

好きな女性に話しかける時に思うことは、

どういう方法が、自然に話しかけることができるのか?
どんな方法を使えば、楽しいと思う会話ができて盛り上げることができるのか?

これが気になる事だと思います。

なぜなら、好きな女性に「嫌われたくないな〜」とか「自分を良く見せたい」と思うからです。

たとえば、用もないのにわざわざ話しかけたら不自然です。

また、他の人がいると話しかけないで、二人きりになると話しかける場合も不自然です。

よくあるパターンとして、「共通する話題や好きな女性が興味ある話題で話しかければいいんだ」と思いがちです。

この場合でも、話しかけるきっかけがなければ不自然になり違和感を持たれます。

話題とはスムーズに移行するための「流れ」が必要だからです。

自然に話しかける「きっかけ」があるからこそ、盛り上がる共通の話題や興味ある話題が活かされる流れを作れるのです。

そう、不自然に話しかけると会話がぎこちなくなり、普通に話すことができずに嫌われる原因にもなります。

さらに、好きな女性に話しかける時に悩むのは、「話しかけたいけど話題がない」ことです。

話しかける話題がない=話しかける「きっかけ」をつかめない

これが最大の悩みだと思います。

要するに、砂が水を吸い込むように自然に話しかける最初の一言の「きっかけ」と話題さえあれば、緊張する事なくスムーズに話すこともできるわけです。

きっかけを作り好きな女性に話しかける

女性に話しかける「きっかけ」を作るには以下の方法があります。

きっかけを作り好きな女性に話しかけるには
・話しかける基本は、自分が先に心を開くこと
・話しかける時の言葉は挨拶から!
・女性の小さな変化に気付き話しかける
・褒めたり感謝の言葉から話しかける
・「ねぎらい」の言葉から話しかける
・「教えて」という謙虚な姿勢で話しかける
・好きな女性が興味を持つ話題で話しかける

これらは、女性の感情を動かす話題です。

話題には、興味が持てる話題と興味が持てない話題があります。

興味が持てない話題をしてしまったら、当然ながら話が盛り上がりません。

興味が持てる話題なら、話にハマってしまい「もっと聞きたい/もっと話したい」気持ちになります。

つまり、興味が持てる話題は人の感情を揺さぶるのです。

感情を揺さぶることができれば、好きな女性を好きにさせる「きっかけ」にもなります。

女性が男性を好きになる「きっかけ」恋に落ちた瞬間を知る
恋は意識的にするものじゃなくて、気が付いた時には好きになっていた経験があると思います。でも、女性が男性を好きになるのは、理由や「きっかけ」が必ずあります。そこでこの記事では、女性が男性を好きになる「きっかけ」について、かなり詳しく紹介します。

好きな女性に話しかける時の最初の言葉は、感情を動かす興味が持てる話題をすることです。

話しかける時の最初の言葉を間違えてしまうと、その後の会話がぎこちなくなり悪い印象になってしまいます。

印象が悪いと、好きな女性を好きにさせることが出来なくなります。

好きな女性に話しかける目的は、楽しいと思う会話をして好きにさせることです。
それには好きな女性の感情を揺さぶる話題をすることに尽きます。

感情を揺さぶらない限り、女性を好きにさせることはできません。
女性感情を動かさないと、話しかけても無視されます。

あなたの本当の悩みは、好きな女性に話しかける事よりも、その先にある好きになってもらうことだと思います。

好きな女性に話しかける方法は、その手段に過ぎないのです。

女性の感情を動かす方法!感情を揺さぶり惚れさす極意
女性の感情を動かすとかなりのメリットが期待できます。逆に女性の感情を動かすことができないと「どうでもいい男」として扱われてしまいます。この記事では女性の感情を動かす具体的な方法を説明しています。

つまり、盛り上がる話題や話しかけるタイミングを考えることよりも、いかに女性感情を動かす「きっかけ」をつかむか、それがかなり重要です。

このような見方をすると、「話しかけたいけど話題がない」という悩みから解放されます。

では、具体的な好きな人に話しかける方法について紹介していきます。

話しかける基本は、自分が先に心を開くこと

好きな女性に話しかけて気まずい雰囲気になった経験があると思います。

「気まずい」とは、ものすごく居心地が悪い状態のことです。

少しでも気まずいと感じていると、話しかけても上手くいきません。
上手くいかないどころか、いい恋愛なんて出来ません。

素のままの自分でいられないからです。

居心地が悪くなる理由は、警戒心と異性として意識しているからです。

好きな人に話しかけるタイミングが悪いからではありません。

お互いによく知らない間柄だと、「これは話していいのかな?」とか「どんな人なのかな?」などと、どうしても警戒してしまいます。

さらに、相手を異性として意識すると周りの目が気になり普段通りに話せなくなりがちです。

すべては、相手の人柄や考え方をよく知らないので、心が通じ合う仲になれないのです。

二人きりになると話せないのは、このためです。

心が通じ合えないと、どうしても当たり障りのない話題になり、「あの男性と話しても楽しくない」と思われてしまいます。

そうなってしまうと、今後に話しかけても好きな女性から良い反応をされなくなります。

つまり、お互いの心が開かないから、気まずい雰囲気になるのです。

好きな女性に話しかける場合も同じです。

だからこそ、好きな女性に話しかける基本は自分が先に心を開くことです。
すると、好きな女性も心を開いてくれます。

たとえば、

「山芋が嫌い、納豆は食べられるのに山芋は苦手だ」
「朝が起きられない、目覚まし時計が鳴っても自分と闘っている」
「エレベーターに乗ると、会話が自然と途絶えてしまう」

このような自分のちょっとした日常をオープンにすると、親しみを感じて女性特有の警戒心も解消され好きな女性も心を開いてきます。

好きな女性に話しかける目的は仲良くなるためです。

それには、あなたの人間性がわかる日常をオープンにするだけでいいんです。

あなたの人柄を知った好きな女性は、ほっとした気持ちになり心を開いてきます。

その結果、自然に話しかけることが出来ます。

話しかける時の言葉は挨拶から!

話しかける時の言葉で一番に自然で最適なのは挨拶です。

「おはようございます」「お疲れ様です」と言われて嫌な気持ちになる人はいません。

朝に会った時は「おはようございます」、それ以外の時間帯に会った時は「お疲れ様です」と声をかけるのです。

挨拶の後に、「あれ、〇〇を変えたの?」と女性の小さな変化に気づいたり、「そういえば〇〇〜」と好きな女性の興味を引く話題を持ち出して話を広げるのです。

これなら、自然に話しかけることが出来ます。

挨拶する時の大事なポイントは、名前を呼びかけて挨拶することです。

「〇〇さん、おはようございます」「〇〇さん、お疲れ様です」と好きな女性の名前を呼びかけて挨拶するのです。

人は本能的に名前を呼ばれることに喜びを感じます。

ですから、名前をつけて挨拶されたら、その人に対して特別な親近感を感じ良い印象を持ってもらえます。

だからこそ、挨拶した後は好きな女性に話しかける絶好のタイミングになります。

挨拶のついでに話しかける話題は、好きな女性が興味を持つネタで話しかけます。(これについては、これから紹介します)

自分が考えたネタでは、話がはずまない恐れがあるからです。

女性の小さな変化に気付き話しかける

たとえば、女性の服装や持ち物を話題にすると話がはずみます。

もちろん、挨拶した後です。

「お疲れ様、あれヘアースタイル変えたの?とても似合っているよ!」とか「もしかして新しいバック?」など女性の服装や身に付けている物の小さな変化に気づいて話しかけます。

また好きな女性の行動や振る舞いの変化もいいでしょう。

「いつもエスカレーターではなく階段を使うのですね?」
「スニーカーだと歩きやすいですか?」

など、小さな変化に気付いてもらえることは誰もが嬉しく思います。
好きな女性に話しかける際に効果的なのは「気づく」ことです。

もちろん、気づくだけではなく「良いね」と、さりげなく褒めます。

女性の小さな変化に気づくことは目に入ることなので、話しかける「きっかけ」を作るのに一番に役に立ちます。

目に入ってきた事実なので、話しかける時の言葉として適しています。

しかもこの方法なら、さりげなく自然に話しかけられます。

それには、普段から好きな女性を観察することです。

観察することで、小さな変化や好みがわかってきます。

褒め言葉や感謝の言葉で話しかける

モテる男は女性を褒めることから話しかけています。

なぜなら、褒め言葉で話しかけると最初に良い印象を与えるからです。

すると、女性の反応が必ず良くなり自然に会話もはずみます。

たとえば、「お疲れ様。今日も元気そうだね!」「おはよう。いつも良い笑顔ですね」と褒め言葉で話しかけると必ず良い反応をしてくれます。

人は自分を認めて欲しいという本能から来る欲求があります。
そして、自分をわかってくれる人を好きになります。

つまり、「もっと話したい・一緒にいたい」と思うのは、自分を認めて欲しいという欲求が満たされるからです。

女性に話しかける時に最も効果的な方法は、褒め言葉で話しかけることです。

しかし、いきなり褒め言葉で話しかけたら不自然です。

「おはようございます。今日も元気そうだね」と挨拶したあとで褒めると自然なタイミングで話しかけられるのです。

また、仕事中に褒める方法もいいです。

業務連絡が一通り終えた後に「素晴らしい見方をするね」とか「いいこと言うね」と仕事の出来栄えを褒めるのです。

これなら、たとえ仕事中でも周りの目を気にすることなく話しかけられます。

むしろ、大勢の仕事仲間に聞こえるように褒めた方が、褒められた女性も気分が良くなります。

さらに仕事を頼む場合でも、「いつもありがとう。これコピーしてくれる」と感謝の言葉を添えると頼みやすいし、話しかけるきっかけになります。

また、仕事以外でも「この前はありがとう」と感謝の言葉で話しかけると、その後がスムーズに話やすくなります。

それは、感謝の言葉を言われたら誰でも気分が良くなるからです。

「ありがとう」の感謝の言葉や「元気そうだね」の褒め言葉を言うだけで、好きな女性に話しかけられるチャンスが予想外に増えるのです。

「ねぎらい」の言葉から話しかける

「ねぎらう」とは、相手の苦労や困ったことに注目して、いたわることです。

一番にわかりやすい例として、「お疲れ様」とか「いつもありがとう」です。

このような「ねぎらい」の言葉で話しかけたら、相手の心は癒(いや)されます。

心を癒してくれる人なら、「仲良くなりたい・側にいたい」という感情になって当然です。

温泉にハマるのは、心が癒されるから何度も通ってしまうわけです。

だからこそ、好きな女性に対して、ねぎらいの言葉で話しかけます。
すると、驚くほど自然に話しかけることができます。

ねぎらいの言葉を言われた女性は、苦労が報われたようで心が和みます。
心が和めば自然に会話も弾みます。

では、どんな時にねぎらうのでしょう?

好きな女性をねぎらい話しかける場面はたくさんあります。

たとえば、雨の日、厳しい寒さの日、すごく暑い夏の日、風が強い日、残業で遅くなった日、困ったことがあった日などです。

「雨で濡れたでしょう。服や靴は大丈夫?」
「今日は風が強いので寒かったでしょう?」
「残業で疲れたでしょう?」

など、いくらでもねぎらうことができます。

ここで注意することは、ねぎらいの言葉は「〇〇だったでしょう」と好きな女性に向かって話すことです。

濡れましたね、寒いですね、疲れましたね、という言葉では女性をねぎらっていません。

この言い方は単なる挨拶する時の言葉で、好きな女性を思いやる言葉ではないからです。

「〇〇だったでしょう」と言うことで、好きな女性をねぎらうことになるのです。

「教えて」という謙虚な姿勢で話しかける

これは道を聞く時と同じです。
道を聞いたら知らない人でも親切に教えてくれます。

それは思いやりという親切心が誰にもあるからです。

好きな女性に話しかける場合も同じです。

勉強や仕事でわからないことは、素直な気持ちで「教えてください」と好きな女性に声をかけることで、話しかけるきっかけを得ることができます。

話しかける時の大事なポイントは、謙虚な姿勢で話しかけることです。

「これ教えてくれよ」と上から目線で話しかけたら、尋ねられた相手はムカつきます。

その結果、話しかけられても話がはずみません。

「教えてください」と謙虚な姿勢で尋ねるから道案内や聞いたことを親切に教えてくれるのです。

不思議なことに、素直で謙虚な人ほど他人から信頼されて好かれます。

片思いの好きな女性の場合、ほとんどが年下だと思われます。

年下だと、どうしても上から目線になりがちです。

大事なことは、自分のプライドよりも素直な気持ちで話しかけることです。

「教えて」ということを、話しかける口実にするのではなく、素直な気持ちで聞く姿勢こそが話題がはずむコツであり話しかける秘訣です。

好きな女性が興味を持つ話題で話しかける

女性が興味を持つ話題を上手く聞ける男は好かれます。

なぜなら、女の話は中身がなく、オチもなくてつまらないと思う男性が多いからです。

ですから、女性が興味を持つ話題を上手く聞いてあげることで、他の男性より一歩先を行くことができるのです。

では、女性が興味を持つ話題は何でしょう?

それを知るためには「趣味は何ですか?」と質問する場合が多いはずです。

でも、「お疲れ様です。ところで趣味は何ですか」と、いきなり聞いたら不自然で変な人になってしまいます。

話とは、スムーズに移行できる「流れ」というものが必要です。
この流れを無視すると不自然になり女性に違和感を持たれる事になります。

そこで、まずは女性が身に付けている物に着目して話のきっかけを見つけます。

たとえば、「センスの良い色の服だね」とか「そのネックレス素敵だね」と目についた洋服やアクセサリーなどを褒めます。

目につくものは何でも共通の話題になるからです。

中でも、洋服やアクセサリーなどの身につけている物には女性自身の「こだわり」があります。

男性でも、腕時計やヘアスタイルなどの気に入った「こだわり」の物があるはずです。

それを話題にされたら、思わずベラベラと話したくなります。

こだわりを見つけることこそ、女性が一番に興味があることであり、女性が楽しいと思う会話です。

つまり、「こだわり=興味があること」という図式が成り立つわけです。

人は誰かの話を聞くよりも、自分のことを話したい本能があります。

自分のことで、何よりも話したいことは自分が興味を持ってハマっていることです。

ハマっている物を引き出すには、「褒める→女性が話す→感情を込めた相づちを打つ」この繰り返しです。

その結果、もっと話したい思わせることが可能です。

話しかけて話題が盛り上がるコツ

好きな女性に話しかける「きっかけ」をつかんだ。
後は、いかにして話を盛り上げるか、これが気になることです。

せっかく話しかけるチャンスを得ても、話が盛り上がらないと意味がありません。

好きな女性との心の距離をつめることができないからです。

そこで、話しかけた後の話を盛り上げるコツについて紹介します。

突然ですが、女性が本当に話したいことは何でしょう?

好きな女性が話したいことに誘導することで、話は盛り上がります。

たとえば、仕事の同僚から「昨日は定時で帰りたかったのに、上司に頼まれて2時間も残業だよ」と言われたら、あなたは何て返事しますか。

「その日は何か用事でもあったの?」とか「残業の仕事は何だったの?」と返事しがちです。

ここで話し手が本当にわかって欲しいのは残業をした時の感情です。
起こってしまった出来事ではなく、その時の気持ちをわかって欲しいのです。

ですから、「うわっ、それはしんどかったね」「ついてないね」と反応することで話題が自然にはずみ相手は心を開きます。

いったん心が開くと、その先にある「実は嫌いな上司なんだ」とか「昨日はデートの約束があったんだんだ」という気持ちを打ち明けてくるようになります。

全ては自分の気持ちをわかってくれたから心をオープンにしてきたのです。

仲の良い人と話している時もそうです。

会話がふくらみ、はずむのはお互いの気持ちを伝えているから盛り上がるのです。

好きな女性と話す時も同じです。

出来事のあらましではなく気持ちにスポットライトを当てると、話は必ず盛り上がります。

好きな女性の気持ちに焦点を当てると話がはずむ

会話とは言葉のキャッチボールではなく気持ちのキャッチボールです。

誰もが気持ちをわかって欲しくて会話するのです。

特に、女性は会話で共感を求めます。

女性の心をつかむ共感の仕方!女は会話で共感を求める
女性は会話で共感してくれる男を求めています。女心をつかみ親密になるには、共感を得る話し方をする必要があります。それには共感して欲しい女性心理を知る事です。ここでは、女性の心をつかむ共感の仕方について徹底解説します。

一番にわかって欲しいことは、嬉しい気持ちや辛かったこと悲しい気持ちになった感情に共感して欲しい生き物なのです。

ですから、5W1H(いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように)のすでに起こってしまった出来事を話題にしても話がはずみません。

たとえば、女性がサッカーファンだとしたら、「どのチームのファンなんですか?」と聞くよりも「好きなチームの試合がある日は楽しみですね!」と感情に焦点を当てると話は弾みます。

もし好きなチームが負けた時には、「悔しいですね」と感情に共感した話題になるように仕向けるのです。

人は気持ちを刺激されると、いつの間にかにイメージがわいてしまいます。
すると、今まで経験してきたエピソードを想像してしまいます。

エピソードが出てきたら、相手に話したくなり話が止まらなくなってしまいます。

感情に共感した話題に誘導することで、必ず話が盛り上がり上手くいくようになります。

人は同じ感情を共有すると、ものすごく親しみを感じて心を開きます。

女性が心を開いている本気のサインと女性心理を知る
女性が、あなたに対して心を開いているか気になりますよね。心を開いているサインは、何気ない行動や態度に現れます。女性が心を開いていると、少なからず恋愛感情も生まれます。そこで今回は、女性が心を開いている本気のサインと女性心理ついて紹介します。

不思議なことに、心が開くと女性は何でも自分からしゃべるようになります。
そう、女性から話しかけられるようになるのです。

心を開かせるのに効果的なのは女性のグチを聞いてあげることです。

女性がグチを聞いて欲しいと思うのは、同じ感情をあなたと共有したいからです。

ストレス発散というより、自分の気持ちをわかって欲しい、そして共感して欲しいと思うからです。

たとえば、「仕事をしているとムカつくこともあるんでしょうね?」と不平不満を聞き出します。

人が一日生活していれば、誰でも何らかのムカつくことはあります。

だからこそ、この質問をすると、よくぞ気付いてくれましたと思い吐き出すようにしゃべり始めます。

しかも楽しそうにしゃべり出します。

このように女性の気持ちに焦点を当てると、女性感情を揺さぶるので話題は必ず盛り上がります。

まとめ:好きな女性の話したい欲求を満たしてあげる

今まで、好きな人に話しかける「きっかけ」を作る方法について、お伝えしてきましたが、会話は言葉のキャッチボールではなく気持ちのキャッチボールであることを、お分かり頂けたと思います。

自分をよく見せたい、好きな女性に嫌われたくないという事に熱心になるのはムダな苦労です。

それよりも、好きな女性は何を一番にしゃべりたいのか、どんな気持ちをわかって欲しいのか、これらに集中してみることです。

つまり、好きな女性の話したい欲求を満たすことで、自然に話しかけることができるのです。

そうする事で、無理な話題を持ち出したり会話テクニックを使う必要がありません。