年の差30歳の恋愛!年下の若い女性を口説く最大のコツとは!

仲の良いカップル年の差 恋愛

好きになった女性との年の差が30歳近くある。まるで親子のように年の差がある。

その好きになった女性と、付き合い幸せを感じたい。愛されたい。
そう思うのは自然な恋愛感情だと思います。

そこで今回は、年の差が30歳ほどある恋愛をスマートに進める為には、どうすればいいか?について具体的に解説していきます。

自分を変える

私の知人でNさんという52歳の男性がいます。

彼は、ハゲでデブでバツ2です。
貧乏でお金もありません。

でも、Nさんには、年の差が30歳もある21歳の彼女がいます。

彼は、若い時はまったくモテませんでした。
40歳を過ぎた頃から年の差がある若い女性にモテてきました。

それは、自分を変えたからです。

まず、ファッションを変えたそうです。
見た目の印象が悪いと、上手くいきません。
年の差があるので、なおさらです。

それと、発言する言葉も変えたそうです。
年の差30歳の若い女性に嫌われるのも、好かれるのも全て言葉です。

具体的には以下の事です。

年の差30歳の恋愛で気をつけること
・自慢話を捨てる
・説教しない
・オヤジギャグは言わない
・ファッションに気遣う

自慢話を捨てる

男は自慢話が好きです。

でも、誰も人の自慢する話など聞きたくありません。
聞き手にとって何のメリットがないからです。

特に、年の差が30歳もある若い女性にとって、男の自慢話は最低最悪です。
恋愛の対象外になります。

Nさんは、自慢話をしないと決断した時から、年の差が30歳もある若い女性に好かれ始めたと言うのです。

自慢話は一切しないと決めてください。

説教しない

年齢を重ねると、

「仕事とは、そんな甘いもんじゃ無いよ」
「こうした方が、上手くいくよ」
「やるだけやってみなよ!若いのだから」

などと、説教じみた発言をしがちです。

説教されるのは誰でもイヤです。
年の差がある女性も説教されるのが嫌いです。

ありがちなのは、年の差がある若い女性から何かを相談された時です。

相談されると、モテないなオジサンは自分の過去の経験から答を見つけ出しアドバイスしてしまいます。

しかし、

女性の為を思ってアドバイスしたとしても、説教のように受け取られてしまいます。

説教=モテないオジさんです。

なので、アドバイスは不要です。

Nさんは、説教やアドバイスなど一切しません。

「大変だったね。その気持ち分かるよ」

と共感して、年の差が30歳もある若い女性に急接近しているそうです。

大人ですよね。

人が仲良くなる一番のキッカケは「共感」です。

新入社員はイヤな上司の悪口を言い合って、昔からの友達のように仲良くなるそうです。

つまり、共感すると猛スピードで年の差が30歳もある若い女性と親しくなれると言えます。

オヤジギャグは言わない

オヤジギャグとは、ダジャレのことです。

ダジャレを言っても、年の差が30歳もある若い女性は興味を持ちません。
笑わす必要は無いということです。

彼女たちが求めることは、笑うことより、良い気分にさせてくれる年の差がある男性です。

良い気分にさせるには、会話に同意するだけです。

人が一番に喋りたいことは、自分のことです。
あなたは、年の差が30歳もある若い女性の会話に同意するだけです。

ダジャレを言って笑わすことではありません。

ファッションに気遣う

どんな戦術を使っても、年の差30歳がある女性が落ちない場合があります。

それは、生理的にダメのゾーンに、あなたが入っている場合です。

具体的には、不潔とダサいです。

さらに詳しく分解すると

・爪にアカがついている
・肩にフケがついている
・顔が油ぎっている

この3つが特に、年の差がある若い女性から毛嫌いされます。

清潔感がなかったら、最初から恋愛の対象圏外です。

爪は短く切ることで、アカがつきません。
頭をポリポリかくクセをやめましょう。
肩にフケがたまるからです。

油とり紙を携帯してトイレなどで拭き取りましょう。

顔に出る油は大腸の汚れが原因です。
それを解決するのが植物繊維です。

たとえば、ミカンやリンゴです。

これらを食べることで、顔に出る油を減らすことができ、加齢臭の予防にもなります。

次はダサいです。

Nさんは、お金が無いので、ブランド服は1着もありません。
手軽で安い「ユ●クロ」の服をメインに着ています。

これで、充分にモテています。

ただし、ありがちなダサいパターンがあります。

Tシャツやポロシャツをズボンの中に入れてしまうと、ダサさが目立ち過ぎます。

洋服がカジュアルなのに、靴が革靴ではダサく見えてしまいます。
スニーカーを履いてください。

大事なポイントは、センスが若い服にしているそうです。
年相応の服装ではなく、10歳ほど若い服装にすることです。

年の差がある女性と親しくなる方法

私は恋愛カウンセラーという仕事をしています。

よく質問されることは

「出会いがないので彼女ができない」
「どうしたら、できるでしょう?」

この質問が想像以上に多い。

ここでよく考えてみてください。

毎日のように行くコンビニの若い女店員
取引先で会話する女性
髪をカットする美容室や床屋の女性
たまに飲みに行く居酒屋やスナックの女店員
スポーツジムで見かける女性

など出会いはあるのです。

あなたに必要なのは、彼女たちと仲良くなるスキルなはずです。

なので、ここからは年の差が30歳ある女性と親しくなる方法について解説します。

Nさんが、会社に勤めていた頃の話です。

年の差が30歳もある若い女子社員を飲みに誘いました。
少し影がある可愛い女性でした。

彼女の両親は、子供の頃に離婚したと聞いていました。
それ以来、母と暮らして父のいない寂しい思いをしたそうです。

彼女が、飲みに行くことをOKしたのは

「いつも一人で仕事を頑張っているよね」

とNさんがいつも言っていた為です。

つまり、彼女は「理解されている」と感じていたんです。

居酒屋でビールを飲みながら、彼女の寂しかった子供の頃の話をしたそうです。

彼女の脳が空っぽになるくらい寂しかった思い出を引き出したそうです。

その話を聞いているときは、

「寂しい思いをして辛かったね」

共感したといいます。

その後に店を出て、ホテルの前を通ったとき「二次会はここに入ろうか?」と冗談ぽく誘ったそうです。

彼女は、「うん、いいよ」と答えたので直ぐにホテルに入ったそうです。

ここでのポイントは、

1:父親の愛情に飢えている若い女性であったこと
2:彼女を理解していることを言葉で伝えていたこと
3:冗談ぽく誘ったこと

です。

職場には、年の差が30歳もある若い女子社員であふれています。

その女性たちの中には、年の差がある男性に興味を持つオヤジ好きがいます。

Nさんが言うには

「オヤジ好きな女性は、愛情に飢えています。父親と仲が悪かった、父親がいなかったなど、心に穴が空いている女性です。」

「そんな彼女たちは、寂しい過去の話をしたいと思っています。けれど信頼できる男がいない、自分を理解してくれる人がいないと思っています。」

「だから、いつも一人で仕事を頑張っているよね。と理解している事を伝えたんです。」

「少し影がある女性でしたので、それがドンピシャリ的中しました。」

さすがです。

理解している事を伝える

これは一撃で女性の恋愛感情を動かします。
実はこれ、年の差が30歳もある若い女性を口説く最大のコツです。

冗談ぽくホテルに誘ったのも流石です。
断られたら冗談、OKなら本気になればいいだけです。

男と女が二人きりで会ったら、その先にHがあることなど女性は分かりきっています。

もし誘わなかったら、ヘタレ男に成り下がってしまいます。

OKですか?

では次は、年の差が30歳もある若い女性と上手に付き合う方法についてみていきます。

年の差が30歳もある若い女性との付き合い方

年の差が30歳もある若い女性と付き合うには、2つの注意点があります。

1:高い店でデートしない
2:プレゼントはしない

です。

つまり

お金に無理しない事

年の差がある若い女性を、高級レストランに連れて行くとどうなるか?

女性の興味はお金にシフトしてしまいます。

せっかく、よき理解者となった年の差がある男性を好きになったのに、人物ではなくお金の方を好きになっていきます。

そのうち、「あれを買って、これを買って」とおねだりされます。
これを甘んじて受けていると恋愛関係が長く続きません。

お金が続かないからです。

Nさんは、貧乏なこともあるのですが、プレゼントはしないそうです。

仮にお金に余裕があったとしても、高級料理店に行ったり、プレゼントはしないと言ってます。

デートで利用する店は、安くて洒落た店に行くそうです。
普通のOLでもいける手軽な店です。

デートスポットもお金がかからない場所に行くそうです。

それでも、今の彼女との恋愛関係は2年間くらい続いています。

それは

女性の興味を、お金にシフトさせない

からです。

年の差が30歳もある若い女性と付き合うのに、お金は必要ありません。
見栄を張って無理をしない事です。

別れの時

年の差が30歳もある若い女性と付き合っていると、別れる時がくる場合があります。

年の差が30歳もあるため、彼女が将来の事を不安に感じるからです。

その不安の原因は、

子供が生まれ成人するまで彼が元気でいられるか?
定年後の収入や年金はどうするか?
それ以前に、結婚できるか?反対されないか?

不安材料はたくさんあります。

不安がピークになった時に、彼女から別れ話が持ち込まれるといいます。

Nさんは、別れ話を持ち込まれた時は、

「君の将来のために別れよう」

と好きになった女性を追わないそうです。

ですが、1週間もしないうちに彼女から「やり直したい」と連絡があるそうです。

その後、復縁したのですが

「彼女の将来のことを考えたら、無理してでも別れた方がよかったかもしれません」と複雑な表情でした。

年の差が30歳もあるため、彼女が将来の事を不安に感じる

これが一番の悩みです。

まとめ

娘のような年の差がある女性を口説くには、

・自慢話を捨てる
・説教しない
・オヤジギャグは言わない
・ファッションに気遣う

これが基本です。

基本ができていないと、最初から無視され恋愛の対象外です。

次に

よき理解者になること

そして

理解していることを言葉で伝えること。
説教やアドバイスはしない。
彼女たちの発言を否定しないで共感する。

これらができていれば、年の差が30歳もある女性を口説くことが可能です。

実際にNさんは、そうやって何人もの若い女性を口説き落としてきました。

男の顔やスタイル、お金があるかどうかは関係ないという事です。

恋愛カウンセラー Mr.Pro